創刊10周年記念 電子書籍50%OFFフェア

第四弾 我読む、ゆえに我ありの「哲学」フェア

《終了しました》10月21日(金)〜 11月3日(木)

本当の「自由」とはなにか、考えたことはありますか?

自由論

自由論

ミル/斉藤悦則 訳
  • 紙書籍価格(本体 1,060円+税)
  • 発売日:2012.6.12
  • 光文社電子書籍取り扱い書店一覧へ
  • 電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。
    詳細は各電子書店にお問い合せください。

《内容》個人の自由への干渉はどこまでゆるされるのか。反対意見はなぜ尊重されなければならないのか。なぜ「変わった人間」になるのが望ましいのか。市民社会における個人の自由について根源的に考察し、その重要さを説いたイギリス経験論の白眉。現代人必読のもっともラディカルな書である。

ジョン・スチュアート・ミル
[1806−1873] 19世紀イギリスを代表する哲学者、経済学者。功利主義の始祖ベンサムの盟友だった父、ジェームズ・ミルによって幼少時から厳格な教育を受ける。ギリシャ語、ラテン語、ユークリッド幾何学、経済学などを学ぶが、学校教育は受けず、17歳で東インド会社に就職。専門職としての学者生活を一度も送ることはなかった。東インド会社退職後の晩年は、婦人参政権を要求するなど議員として選挙制度改革に取り組んだ。主な著書に『論理学体系』、『経済学原理』、『功利主義論』など。死後『ミル自伝』出版。
[訳者]斉藤悦則
1947年生まれ。元鹿児島県立短期大学教員。共編著に『ブルデュー社会学への挑戦』。訳書に『プルードンの社会学』(アンサール)、『人口論』(マルサス)、『自由論』(ミル)、『カンディード』『寛容論』(ヴォルテール)、『貧困の哲学』(プルードン)。共訳書に『出る杭は打たれる』(レノレ)、『構成的権力』(ネグリ)、『システムの解体』(シャバンス)、『逆転の思考』(コリア)など。