《書評》『闇の奥』ー 朝日新聞 be  - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 《書評》『闇の奥』ー 朝日新聞 be 

《書評》『闇の奥』ー 朝日新聞 be 

11月7日の朝日新聞土曜版 beの「もっと本を!!再読ガイド」で、光文社古典新訳文庫『闇の奥』を取り上げていただきました。
朝日新聞保科龍朗さん、青山ブックセンター六本木店間室道子さん、リブロ池袋本店矢部潤子さん3名によるご推薦です。

脱出できない内なる闇の奥
正気と狂気は旅の終着地で交錯し、見分けがつかない。密林の「闇の奥」は、人の心に巣くう「闇」の最深部なのだ。<記事より>

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月17日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト