早稲田大学文学学術院で、トルストイ没後100年記念シンポジウムを開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 早稲田大学文学学術院で、トルストイ没後100年記念シンポジウムを開催

早稲田大学文学学術院で、トルストイ没後100年記念シンポジウムを開催

img_tolstoi.jpgトルストイの没後100年を記念して、「トルストイと現代」と題したシンポジウムが早稲田大学文学学術院で開催されます。望月哲男さん(『アンナ・カレーニナ』翻訳者)も登壇されます。深くトルストイを知る絶好の機会です。ぜひ、ご参加ください。
総合シンポジウム
トルストイと現代
―トルストイ没後百年記念―

日時:4月24日(土)午後2時~5時30分
場所:早稲田大学文学学術院 戸山キャンパス・第一会議室(33-2号館)
主催:早稲田大学文学学術院
共催:ユーラシア研究所

■参加費無料
■事前の申し込みは不要です

《問合せ先》
早稲田大学文学学術院
ロシア語ロシア文学コース
TEL:03-5286-3740 E-mail: kasuya@aoni.waseda.jp 

ユーラシア研究所 
TEL&FAX: 03-5477-7612 E-mail:yuken@t3.rim.or.jp


《プログラム》
●14:00〜14:10 
DVD上映「トルストイの死をめぐるドキュメンタリー映像」

●14:10〜15:10
「現代ロシアのトルストイ」
早稲田大学講師 ウラディーミル・フィラトフ氏(通訳 井桁貞義氏) 

●15:10〜15:40 
「トルストイとの出会いから研究へ」 
東京大学講師 覚張シルビア氏 

●15:40〜16:10 
「現代に生きるトルストイ」 
株式会社フロレーレ総合研究所代表取締役「生き方塾」主催 辻孝明氏

(質疑応答・休憩)

●16:30〜17:30 
「『アンナ・カレーニナ』を現代日本語に翻訳して」
北海道大学スラヴ研究センター教授 望月哲男氏

cover58_100.jpgアンナ・カレーニナ 1<全4巻>
トルストイ/望月哲男 訳  定価(本体971円+税)

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年3月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト