7月の新刊ー『夜間飛行』『盗まれた細菌/初めての飛行機』発売! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 7月の新刊ー『夜間飛行』『盗まれた細菌/初めての飛行機』発売!

7月の新刊ー『夜間飛行』『盗まれた細菌/初めての飛行機』発売!

cover_100708.jpg

光文社古典新訳文庫の7月の新刊2冊、本日発売です!


『盗まれた細菌/初めての飛行機』
 ウェルズ/南條竹則 訳
 定価(本体629円+税)

"名作『タイムマシン』を生み出したSF作家でありながら、著者ウェルズは飛び抜けたユーモア感覚の持ち主でもありました。文明批判から、最新技術、世紀末のデカダンスまで、「笑い」で包み込む傑作短篇集!11篇収録。"

『夜間飛行』
サン=テグジュペリ/二木麻里 訳
定価(本体533円+税)

ホントに"命がけ"だった黎明期の飛行機

『ちいさな王子』で世界中に愛読者を持つサン=テグジュペリ。飛行士でもあった彼は、生涯「空を飛ぶこと」にこだわりつづけました。その情熱たるや、ちょっと驚きです。
まず、軍務時代にパイロットになれなければ、自費で高額のレッスンを受けて民間飛行免許を取得し、念願のパイロット候補生に。貴族の血を引くとはいえ、レッスン料を工面するのは簡単ではなかったようです。
除隊後も、郵便飛行士・水上機のテストパイロットとして勤務、作家デビュー後はmy飛行機を購入して......と飛行機に乗り続けます。驚異的なのは、その間、墜落・不時着・離陸トラブルなどなどに遭っていること(30代など、ほぼ2年に1回の割合!)。当時、飛行機に事故はつきものだったとはいえ、毎回よくぞ生還し、また空に戻っていったものだと、その不屈の精神に脱帽です。
サン=テグジュペリにとっては、「空を飛ぶこと」が生きることだったのでしょう。本書『夜間飛行』は、そんなことを改めて実感させる1冊です。


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年7月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト