調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、全キャスト決定! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、全キャスト決定!

調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、全キャスト決定!

この秋、10月8日〜10月17日に調布市せんがわ劇場で上演される、『オンディーヌ』(作:ジロドゥ 演出:ペーター・ゲスナー(せんがわ劇場芸術監督) )。 キャストのオーディションが進められていましたが、全キャスト&スタッフが決定し、いよいよ公演に向けて、稽古がスタートしました。

P1020642.jpg

主演のオンディーヌの選考は、ひとつのグループに1時間以上かけて、立ち稽古さながらに行われた後、3時間に及ぶワークショップも審査に追加され、トータルで3日間をかけた大掛かりなものになりました。

そのオーディションの結果、オンディーヌ役には後藤まなみさん、ハンス役は井上和也さん、オーギュスト役は林周一さんに決まり、水の精の王役は、今年16年ぶりに元・オンシアター自由劇場のメンバーが再結集した『上海バンスキング』にも出演された真那胡敬二さんが演じます。

P1020647.jpg

そして8月10日、演出のペーター・ゲスナーさん、全キャスト&スタッフが一同に会し、稽古始めが行われました。

今回の公演では、海外での公演活動も多い黒谷都さんを人形指導に迎え、人間と人形が同時に舞台上に登場するという演出が行われます。

また、せんがわ劇場では"アンサンブル"という独自の劇場運営をされていて、市民が能動的にスタッフ・キャストとして参加しています。スタッフ・キャスト総力戦といった意気込みが伝わってきます。

そして、この公演がせんがわ劇場芸術監督としては最後の新作となるペーターさん。3年間の集大成となる本公演への熱意がこもった言葉が、挨拶に随所にありました。 斬新な演出と"オールスターキャスト&スタッフ"となる『オンディーヌ』、ぜひ本公演に足をお運びください!

P1020671.jpg

稽古の模様は続けてお伝えします。
調布市せんがわ劇場Webサイト>>


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年8月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト