《書評》『ムッシュー・アンチピリンの宣言―ダダ宣言集』― 毎日新聞 2010年8月29日 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 《書評》『ムッシュー・アンチピリンの宣言―ダダ宣言集』― 毎日新聞 2010年8月29日

《書評》『ムッシュー・アンチピリンの宣言―ダダ宣言集』― 毎日新聞 2010年8月29日

毎日新聞 8月29日「今週の本棚」欄で、荒川洋治さんに『ムッシュー・アンチピリンの宣言―ダダ宣言集』(ツァラ/塚原 史 訳)を取り上げていただきました。

"20世紀初頭に、世界を揺るがした芸術運動、ダダイスム。著者トリスタン・ツァラはルーマニアの生まれ。第一次大戦中の1916年、スイスのチューリッヒで、ダダということばをフランスの辞書から見つけダダをスタートさせる。19歳のときだ。これがダダイスムの原点となった。本書は「ダダ宣言集」の副題の通り、最初の宣言「ムッシュー・アンチピリンの宣言」など才気あふれる詩文を集めたもの(アンチピリンは常用の頭痛薬アスピリンのこと)。塚原史のゆきとどいた解説、解題がダダの深層へみちびく。... "
■ 毎日jp 今週の本棚>>

cover109.jpg
ムッシュー・アンチピリンの宣言―ダダ宣言集
ツァラ/塚原 史 訳
定価(本体724円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年8月30日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト