渡辺守章さん―国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」にご登壇 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 渡辺守章さん―国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」にご登壇

渡辺守章さん―国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」にご登壇

9月27日(月)に早稲田大学小野記念講堂で「観世寿夫とは何だったのか」と題した国際シンポジウムが開催されます。

『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻訳者・渡辺守章さん(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター教授・演出家)が討議に登壇されます。

当日のプログラムは、講演・討議の他、記録映像『演劇作業の根拠』の上映もあり、"20世紀を代表する能役者―観世寿夫"を知る絶好の機会です。入場無料、事前申込も不要です(定員200名)。ぜひ、足をお運びください。

《日時》 2010年9月27日(月) 13:30~18:00 (開場 13:00)
《場所》 早稲田大学小野記念講堂(小野梓記念館地下2階)

国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」詳細はこちら>>
[早稲田大学演劇博物館グローバルCOEプログラム「演劇・映像の国際的教育研究拠点」Webサイト]


cover69.jpg

シラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳
定価 (本体980円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト