週刊東洋経済(2010年8月28日号)の連載「一生モノの古典」で『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』を - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 週刊東洋経済(2010年8月28日号)の連載「一生モノの古典」で『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』を

週刊東洋経済(2010年8月28日号)の連載「一生モノの古典」で『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』を

先月23日の発売号なのですが、週刊東洋経済(2010年8月28日号)の鎌田浩毅さん(京大教授)の連載「一生モノの古典」で『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』(カント/中山 元・訳)を取り上げていただきました。

2009年10月10日号から始まったこの連載、今年の10月には取り上げた作品数は50冊に。鎌田浩毅先生のホームページには、各号で取り上げた古典作品を紹介したブログへのリンクがあります。こちらもぜひ!
■ 鎌田浩毅さん ホームページ>>


cover03.jpg
永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編
カント/中山 元 訳
定価(本体700円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト