調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、通し稽古の様子を... - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、通し稽古の様子を...

調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、通し稽古の様子を...

img_ondine-flyer.jpg

調布市せんがわ劇場『オンディーヌ』(作:ジロドゥ 演出:ペーター・ゲスナー(調布市せんがわ劇場芸術監督)  翻訳:二木麻里)、10月8日(金)からの本公演に向けて通し稽古が始まっています!

"森のなかの湖畔近くで暮らす漁師の養女オンディーヌ。ある日、騎士ハンスと出会い、恋に落ちる。ハンスも美しい彼女に魅かれ、ともに城での生活を始める。ただ、彼女は人間ではなく、水の精だった――。"
フランスの作家ジロドゥ(1882−1944)が描いた「究極の愛」の戯曲、『オンディーヌ』。
今回の公演は黒谷都さんの人形指導のもと、人間と人形が同時に舞台上に登場し、深まる一方の自然界と人間界の溝を人形と人間とが織りなす斬新で幻想的な演出で魅せます。




sengawa_keiko001.jpg


img_kurotani01.jpg

黒谷都さん。「『オンディーヌ』は悲劇ではあるけれどコミカルでもあるし、気品もある作品。人形が役者と同じように"舞台に立つ存在"になるように、ちょうどうまくかみ合うチャンネルを探りながら稽古をしています。」




img_manako01.jpg

真那胡敬二さん。いくつもの舞台を掛け持ちで奮闘中!その一声のせりふで、ぐっと芝居に引き込まれます。




img_kimura01.jpg

アンサンブル・コーディネーター木村健太さん。「仕上がりは8合目ぐらい、でしょうか。それぞれのシーンの可能性はまだまだあると思うので、細かいところをもっと詰めていきたいですね。」




10月8日(金)、初日です!  ぜひ、劇場に足をお運びください!
● 公演/チケットの詳細は調布市せんがわ劇場Webサイトをご覧ください>>
公演チラシ(PDFファイル)

img_ondine-flyer02.jpg

[関連記事]
調布市せんがわ劇場ー『オンディーヌ』公演、全キャスト決定!
調布市せんがわ劇場公演『オンディーヌ』キャスト&スタッフ 募集中 !

cover51.jpg
オンディーヌ
ジロドゥ/二木麻里 訳
定価(本体590円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト