演劇集団キャラメルボックス『シラノ・ド・ベルジュラック』神戸公演が始まります。17日まで。 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 演劇集団キャラメルボックス『シラノ・ド・ベルジュラック』神戸公演が始まります。17日まで。

演劇集団キャラメルボックス『シラノ・ド・ベルジュラック』神戸公演が始まります。17日まで。

img_cyrano.jpg演劇集団キャラメルボックス『シラノ・ド・ベルジュラック』の5日(火)の公演に行ってきました。平日の夜にもかかわらず、ほぼ満席の俳優座劇場。
若々しくて軽やかな動きのシラノが、リズミカルに長せりふを繰り出す、"原作に忠実な"アップテンポなコメディーに仕上がっています。

外見のコンプレックスへの苦悶、伝えられないロクサーヌへのほんとうの思い、ままならない現実、それでも最後にシラノがたどり着いた場所は...

登場人物の行き違う気持ちや行為のあれこれは、誰にでも思い当たる場面があるのではないでしょうか。その時にどうふるまうのか。それが重要なんですよね。阿部丈二さん演じる笑える"シラノのふるまいの方法"にぐっときました!

演出の成井豊さん―「自分の殻に気づいて、破って成長していく物語。ロクサーヌにとってもそうです。実はこれって、キャラメルボックスがずっと追いかけているテーマそのものなんですよ。」

社会人になってから26歳でお芝居を始めたシラノ役の阿部丈二さん(今回が初めての主役だそうです)。「毎日の生活の楽しみのひとつとしてお芝居を見に劇場に足を運んでいだだければ」とカーテンコールではにかみながらご挨拶。

そしてヒロイン・ロクサーヌ役は阿部哲子さん。日本テレビのアナウンサー時代に経験したお芝居と併せてこれが3本目の舞台。堂々たる"絶対的な憧れの存在"のロクサーヌでした。

14日から神戸公演が始まります。お近くの方はぜひ!
●公演内容、チケット予約の詳細はこちら>>
公演日前日、当日予約も可能。また当日券も全ステージで用意されるそうです。

演劇集団キャラメルボックス
成井豊の世界名作劇場
『シラノ・ド・ベルジュラック』

《公演期間》 2010年10月14日(木)~17日(日)
《会場》    新神戸オリエンタル劇場
《スタッフ》 作=エドモン・ロスタン 翻訳=渡辺守章 演出=成井豊
《キャスト》 阿部丈二 多田直人 岡内美喜子 畑中智行 石原善暢 左東広之/阿部哲子 ほか
《お問い合わせ》 演劇集団キャラメルボックス TEL:03-5342-0220

cover69.jpg

シラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳
定価 (本体933円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月12日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト