シンポジウム「世界文学としての村上春樹」―12月11日に東京外国語大学で開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > シンポジウム「世界文学としての村上春樹」―12月11日に東京外国語大学で開催

シンポジウム「世界文学としての村上春樹」―12月11日に東京外国語大学で開催

シンポジウム「世界文学としての村上春樹」が、12月11日(土)に東京外国語大学 総合文化研究所&出版会の共催で行われます。入場料無料、事前申し込みも不要です。
村上春樹は世界でどう読まれているのか。興味のある方はぜひ足をお運びください。

シンポジウム「世界文学としての村上春樹」
img_murakami1211.jpg

村上春樹は世界文学のなかで、世界文学としてどのように位置づけられるのか。 時間・空間における様々な〈外部〉との文脈のなかで村上春樹の作品世界を捉えなおす。

■日時:2010年12月11日(土)
14:00~16:00(報告)
16:30~18:00(討議)
18:30~20:00(懇親)

■会場:東京外国語大学 府中キャンパス アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール(東京都府中市朝日町3-11-1)
■交通:西武多摩川線多磨駅下車すぐ

■入場料無料、事前申し込み不要です

《プログラム》
■報告 (14:00〜16:00)
司会:村尾誠一(東京外国語大学)
柴田勝二(東京外国語大学)「村上春樹と夏目漱石」
藤井省三(東京大学)「村上春樹と魯迅」
亀山郁夫(東京外国語大学学長)「村上春樹とドストエフスキー」
都甲幸治(早稲田大学)「村上春樹とドン・デリーロ」

■報告者による討議(16:30〜18:00)
「村上春樹と世界のいま」
司会:加藤雄二(東京外国語大学)

■問合せ
東京外国語大学総合文化研究所
TEL:042-330-5409/e-mail:ics@tufs.ac.jp

シンポジウムチラシPDF>>


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月30日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト