国際シンポジウム 「自由への試練----ポスト・スターリン時代の《抵抗》と《想像力》」開催のお知らせ - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 国際シンポジウム 「自由への試練----ポスト・スターリン時代の《抵抗》と《想像力》」開催のお知らせ

国際シンポジウム 「自由への試練----ポスト・スターリン時代の《抵抗》と《想像力》」開催のお知らせ

国際シンポジウム
「自由への試練----ポスト・スターリン時代の《抵抗》と《想像力》」

日時: 2011年1月22日(土)14:00〜18:00
会場: 東京大学 山上会館東京都文京区本郷7-3-1)

●アクセス:地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷3丁目」、南北線「東大前」な
どから徒歩10分
アクセスマップ>>
東京大学構内地図>>

●入場無料
●日本語通訳付き

《プログラム》
司会: 沼野恭子(東京外国語大学)

[14:00]  開会の辞 亀山郁夫(東京外国語大学学長)

[14:10〜14:50] 
マイケル・ニコルソン(オックスフォード大学フェロー)
≪Гримасы оттепели: Солженицын и Шаламов≫
「《雪解け時代》のしかめ面----ソルジェニーツィンとシャラーモフ」

[14:55〜15:35] 
リュドミラ・サラスキナ(ロシア国立芸術学研究所主任研究員)
≪Триумфы и провалы оттепельной литератур ы (Пастернак, Солженицын, Хрущевские "концерты")≫
「《雪解け時代》の文学----その勝利と挫折(パステルナーク、ソルジェニーツィ
ン、フルシチョフの"コンサート")」

[15:35〜15:50] 休憩

[15:50〜16:30] 貝澤哉(早稲田大学教授)
「液状化するスクリーン----雪解け以後のソ連《ヌーヴェルバーグ》映画」

[16:35〜17:15] 亀山郁夫 「ショスタコーヴィチの贖罪」

[17:20〜17:50] コメンテーター 望月哲男(北海道大学教授)

[17:50〜18:00] 閉会の辞 亀山郁夫


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月16日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト