3月の新刊、本日発売です。 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 3月の新刊、本日発売です。

3月の新刊、本日発売です。

cover_blog.jpg

光文社古典新訳文庫3月の新刊、
『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』(ビアス/小川高義 訳 定価(本体648円+税) )、『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳 定価(本体838円+税) )は、本日発売です!


『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』
ある男が橋の上で絞首刑になろうとしていた。足元の板が外され川に落ちた彼が、敵の銃弾を逃れてたどり着いたのは......「アウルクリーク橋の出来事」。
森に住む女が恋人からの求婚を頑なに拒んだ理由とは......「豹の眼」。
ひたすら「死」を描き続けた短篇の名手ビアスの14篇。

『女の一生』
男爵家の一人娘に生まれ何不自由なく育ったジャンヌ。彼女にとって、夢が次々と実現していくのが人生であるはずだった。しかし現実はジャンヌを翻弄し続ける。乳姉妹(ちきょうだい)だった女中のロザリが妊娠し、その相手が自分の夫であることを知った時、彼女は過酷な現実を生き始めた----。


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年3月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト