「シュルレアリスム展」 会期を5/15日まで延長―見逃すべからず! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 「シュルレアリスム展」 会期を5/15日まで延長―見逃すべからず!

「シュルレアリスム展」 会期を5/15日まで延長―見逃すべからず!

img_sur2011-02.jpg
国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展-パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による-の閉幕が近づいてきました。
■シュルレアリスム展 オフィシャルWebサイト>>

震災後の臨時休館や開館時間の短縮などが考慮され、5月15日(日)まで会期が延長になったそうです。ぜひ、ゴールデンウィークのプランのひとつにいかがでしょうか。多様な顔をもつ「シュルレアリスム運動」を網羅する作品が一堂に会しています。

img_sur2011-04.jpgアンドレ・ブルトン(光文社古典新訳文庫では『狂気の愛』(海老坂 武/訳)を収録)が1924年に提唱した「シュルレアリスム(超現実主義)」は、20世紀最大の芸術運動となり、文学、美術だけでなく広く社会に影響を与えました。

ブルトン、デュシャン、ダリ、キリコ、マグリット、エルンスト、マン・レイ、ジャコメッティ...
シュルレアリスムの中核を成す作家たちの作品約170点、資料約120点が展示されています。

生涯、「シュルレアリスム運動」の中心として多岐にわたり活動したブルトン。
「ブルトンは作家が自分の時代について、世界の動きについて態度を表明することを求め、彼自身、芸術的に政治的に、たえず闘いのなかにあった。」(『狂気の愛』解説より)
そして、ブルトンは愛多き存在でもありました。
img_sur2011-01.jpg

cover52.gif狂気の愛
ブルトン/海老坂 武 訳
定価(本体740円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト