青山ブックセンター六本木店・イベントプレイバック/小川高義さん×木村政則さん ミニトーク&サイン会 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 書店アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 青山ブックセンター六本木店・イベントプレイバック/小川高義さん×木村政則さん ミニトーク&サイン会

青山ブックセンター六本木店・イベントプレイバック/小川高義さん×木村政則さん ミニトーク&サイン会

img_20110428_abc01.jpg

『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』(ビアス 著 小川高義 訳)、 『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』(モーム 著 木村政則 訳)のW刊行を記念し、小川高義さんと木村政則さん ミニトーク&サイン会が4月28日(木)に青山ブックセンター六本木店で行われました。当日のレポートが青山ブックセンター六本木のフリーペーパー「ABC六本木店で会いましょう」に掲載されています。

「訳者が実は原作と翻訳の間に立って見えない芸を発揮している」という小川流"翻訳の神髄"を、ものまねやカップラーメンにたとえて始まった師弟対談の模様、ぜひフリーペーパーでお楽しみください。
■「ABC六本木店で会いましょう '11.5月〜6月」 PDFファイル>>

img_20110428_abc02.jpg

また、小川先生からは、「古典新訳文庫の試みは、"古典を新しく訳す"ということだけでなく、翻訳そのものが新しくなっていくかもしれない、という思いがある。その試みに参加している楽しみと責任を感じている」と、ありがたく、うれしい言葉をいただきました。肝に銘じます!

そして、「翻訳を重ねるにつれて、音楽の演奏家に近い感覚になってきている」とも。
「いろいろな演奏を楽しむように、同じ原作に複数の翻訳があって、そこから自分の好みのものを選んで読んで楽しむ、という状況になったら」と。

"先生と教え子"という息の合ったお二人のお話は尽きることがない、短い時間で残念!
"打てば響く"相手との座談って楽しくて、時間が経つのも忘れてしまうんですよね。


小川先生がこれまで雑誌や映画のパンフレットに書かれた原稿や翻訳作品のあとがきをまとめた著書はこちらです↓↓  翻訳小説を「書く」という副題に、おおっと思われた方、ぜひ!

cover_himitu_ogawa.jpg『翻訳の秘密』----翻訳小説を「書く」ために
小川高義/著  
研究社  2009年3月刊行
価格:1,785円(税込み)

「新旧の訳が同等の資格で堆積し、その原作が日本でどのように読まれたかという歴史をつくればよいと思う。」 (第5章過去と現在 より)

この視点を意識して読むと、翻訳小説を読む楽しみが重層化される気がします。心に刻みます。


cover124.jpg
アウルクリーク橋の出来事/豹の眼
ビアス 作/小川高義 訳
定価 (本体648円+税)



cover125.jpg
マウントドレイゴ卿/パーティの前に
モーム 著/木村政則 訳
定価 (本体667円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト