《書評》『梁塵秘抄』-- 読売新聞 2011年6月19日 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 《書評》『梁塵秘抄』-- 読売新聞 2011年6月19日

《書評》『梁塵秘抄』-- 読売新聞 2011年6月19日

読売新聞 本よみうり堂(6月19日朝刊)の「ポケットに1冊」欄で、早速『梁塵秘抄』を取り上げていただきました! 

「梁塵秘抄」というと、学生時代、授業でやった、ぐらいの印象の方も多いだろう。平安末期、貴族間に流行した今様など雑芸の歌を集成した、と説明されてもピンと来ない。それで卒業すると忘れてしまう。
 しかし、今様とは〈当世風にいえば、浪花節から歌謡曲、民謡からジャズ、ロック、ポップスまでのさまざまなジャンルを含んだ歌謡群だった〉と説明されるとグッと身近になる。そう、〈遊びをせんとや生まれけん〉で有名な「梁塵秘抄」は歌謡曲のルーツだったのだ!

記事の中では "美女にからみつきたい一本葛" の歌が紹介されていますが、
そのほかの歌では、

例えば...

【原歌】 
雨は降る去ねとは宣ぶ笠は無し 蓑とても持たらぬ身に 忌々しかりける里の人かな 宿貸さず

これが川村湊訳では...

〈雨の降る夜に 別れたの〉
雨の降る夜に 別れたの
帰る道には 傘もなし
コートもなしに 濡れるまま
無情の人は 通り過ぐ
ホテルの 灯りも 消えたまま

なんだかカラオケで歌いたくなりませんか?
川村湊さん、実はそれを目論んでいらっしゃいます。

収録されている歌は全部で100。ぜひ、お手に取ってご覧ください!


cover128.jpg梁塵秘抄
後白河法皇/川村湊 訳
定価(本体781円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月21日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト