《書評》『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』-- 読売新聞 2011年6月22日 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 《書評》『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』-- 読売新聞 2011年6月22日

《書評》『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』-- 読売新聞 2011年6月22日

読売新聞 本よみうり堂の「本屋さんへ行こう!書店員のオススメ読書日記」(評者:青山ブックセンター 間室道子さん) で、 『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』 (モーム 著  木村政則 訳)を取り上げていただきました。

■読売新聞 本よみうり堂 記事はこちら>>

木村政則氏の新訳で注目すべきは会話のたくみさである。人々の機嫌、声の伸びやかさ、震えなどが、地の文を読まずとも伝わってくるようなおしゃべり。モームは「人の裏面を書きすぎる」と批判されたらしいが、彼がもっとも大事にしたのは人々が集まり、生きていれば、どうしたって発生する熱気ではないか。残酷なラストを持つ作品でも、しーんとしない。どこからか、がやがやと人が集まってきて、この事態についてああでもないこうでもないとおしゃべりし合いそうな空気感がある。モームはけっして厭世的ではない。人生は続く、ということを信じていたのではないかと思う。

本書には下記の6編が収録されています。 「ジェイン」 「マウントドレイゴ卿」 「パーティの前に」 「幸せな二人」 「雨」 「掘り出しもの」 ●「マウントドレイゴ卿」 家柄と知性、すべてに恵まれた外務大臣は、自分が見た恥ずべき夢を格下のライバルに知られていると悩んだ末に......
●「パーティの前に」 南方駐在員の夫を亡くして帰国した長女が明かした夫の秘密とは......


cover125.jpg
マウントドレイゴ卿/パーティの前に
モーム 著/木村政則 訳
定価 (本体667円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト