高遠弘美さん―産経新聞夕刊(大阪版)連載 第8回「プルーストと暮らす日々」 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > コラムアーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 高遠弘美さん―産経新聞夕刊(大阪版)連載 第8回「プルーストと暮らす日々」

高遠弘美さん―産経新聞夕刊(大阪版)連載 第8回「プルーストと暮らす日々」

産経新聞(大阪版)の夕刊文化欄で連載中(毎週木曜日掲載)の高遠弘美さん(『失われた時を求めて』『消え去ったアルベルチーヌ』の翻訳者)「プルーストと暮らす日々」の第8回をお届けします。

line_lace05.gif

プルーストと暮らす日々 8

何かを思い悩むほうでは決してないのに、妙なところで気後れして、あとで悔やむということが私にはよくある。

たとえば、私淑(親炙ではない)していた小説家の石川淳が自作の俳句を記した扇面は、偶然古書店のカタログで見つけて小躍りしたものの、十数万円という値段にどうしても決断できず、三日間悩んだ果てに、清水の舞台から飛び下りたつもりで頼んだところ、すでに売れたあとだった。

どうせ買う気になるのなら思い立ったが吉日。すぐに注文を出すべきであった。

昔、はじめてパリに行ったとき、さる有名古書店のショーウィンドーに、プルースト直筆の書簡が額に収まって麗々しく飾られているのを見つけたことがある。

澁澤龍彦はマルキ・ド・サドの自筆書簡を持っているという話は聞いていたから、愛する作家の手になるものであれば、断簡零墨であろうと蒐めなくてはならないと思ってはいたけれど、いざ重たそうな扉を押して店内に入る段になって足がすくんだ。

いくら大学院でプルーストを専攻したとはいえ、いまだ修業中の身。そんな大それた買い物をしていいのかという迷いがあったことは確かである。

だが、次のような思いも交錯した。外から見る限り値札はついていなかったから、主人に直接聞くしかない。もしとても手の出ない金額を言われたらどうしよう。「それならいいです」では最初から冷やかしのようではないか。プルーストに対してさすがにそれはできない。と言って、千載一遇のチャンスを逃してはならない。今日買わなければ、次にいつ直接書簡に出会えるかわからないからである。さていかにせん......喉から手が出るほどほしかったその書簡はしかし、いま私の手もとにはない。

そう、私は買えなかったどころか、結局、店に入る勇気すら持てなかったのだ。直筆書簡は研究には必要ないなどと自分を納得させたのだろう、たぶん。

されど、今なお繰り返し夢に見るのは、ついに手に入れることができなかったその書簡なのである。
(2011年6月30日 産経新聞(大阪版)夕刊掲載)

line_lace05.gif

cover110.jpg
失われた時を求めて 1 <全14巻>
第一篇 「スワン家のほうへ I」

プルースト/高遠弘美 訳
定価(本体952円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月 7日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト