中山元さん講座--「自由の哲学者、カント」、次回は7月29日(金) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 中山元さん講座--「自由の哲学者、カント」、次回は7月29日(金)

中山元さん講座--「自由の哲学者、カント」、次回は7月29日(金)

6回連続で開催している中山元さんの講座--「自由の哲学者、カント」。次回(第5回)は、7月29日(金)です。参加お申し込みは下記までお願いいたします。

第5回 :2011年7月29日(金) 18時〜20時
第6回 :2011年8月26日(金) 18時〜20時
会場:東京ドイツ文化センター図書館(東京都港区赤坂7-5-56)
アクセス:東京メトロ青山一丁目駅 A4出口から赤坂郵便局方面へ徒歩5分
■ 東京ドイツ文化センター>>

《お申込み・お問い合わせ》
参加ご希望の方は、事前の参加登録を下記宛にお願いします。参加は無料です。
●東京ドイツ文化センター図書館 担当:吉次基宣さん
●E-mail: yoshitsugu@tokyo.goethe.org
●TEL: 03-3584-3201


第4回講座では、『判断力批判』を中心に美と自由、自然の合目的性とそれがどのように自由と結びついていくかについてお話いただきました。

img_nakayama20110624-01.jpg

カントの『判断力批判』は、美と自然の目的という極めて非政治的なテーマを考察していますが、個人としての人間の理性を問題とするのではなく、複数の人々が社会を形成しながら生きる時、他者のなかの「私」(個人)の判断力がいかにして自由と結びつくのか、について論じています。この点に注目したアーレントは、「『判断力批判』はカントの政治哲学が展開された重要な書物」であると考察しています。そして3つの「理性批判」の中で『判断力批判』は、カントの政治哲学の基本的な考え方が記されているという重要な視点が提示されました。(アーレントの『カント政治哲学講義』)

次回は、ここから宗教論から歴史哲学について講義を展開していただきます。
そして、最終回の第6回では、カントの政治哲学を中心にお話いただく予定です。
『判断力批判』に書かれている "人間の目的" に関する箇所は、政治哲学においても重要な役割を果しているとおっしゃる中山さん。質疑応答の時間もたっぷりありますので、ぜひ、ご参加ください!

■ ドイツ文化センターのオフィシャルブログにも講座の模様が掲載されています。>>

cover127.jpg
純粋理性批判 5
カント/中山 元 訳
定価(本体895円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト