ドイツの古典図書を古典新訳文庫で読む第2弾!岸美光さんのトーマス・マン!東京ドイツ文化センターで - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > ドイツの古典図書を古典新訳文庫で読む第2弾!岸美光さんのトーマス・マン!東京ドイツ文化センターで

ドイツの古典図書を古典新訳文庫で読む第2弾!岸美光さんのトーマス・マン!東京ドイツ文化センターで

img_thomas-mann01.jpg

光文社と東京ドイツ文化センターが共同で開催するシリーズ企画--「ドイツの古典図書を古典新訳文庫で読む」の第2弾の詳細が決定しました! 大好評だった第1弾の中山元さんによる「自由の哲学者、カント」に続き、今回取り上げる作家は、トーマス・マン。講師には、『ヴェネツィアに死す』、『だまされた女/すげかえられた首』、『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』と、これまで古典新訳文庫で3つのマン作品を翻訳された岸美光さんをお迎えします。

今回の講座では、最新作『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』を取り上げ、3回に渡って岸さんに講演と解説をしていただきます。ぜひ、ご参加ください。

●『詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)』は今年8月に発売、下巻は10月12日(水)に発売。


cover130.jpg
詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)
マン/岸 美光 訳
定価(本体1048円+税)




ドイツの古典図書を古典新訳文庫で読む
『トーマス・マンのイローニシュ(アイロニカル)な立場』

《プログラム》


第1回 クルルの保守的な発言とトーマス・マンの政治的な立場
日時:第1回 2011年10月28日(金)18:30〜

『クルルの告白』を読むとクルルの保守的発言に読者は、違和感を受ける。トーマス・マンはなぜこのようなテキストを書いたのだろうか。そこにこそマンの政治的立場が反照的に浮かび上がる。
第1回のレポートはこちら>>

第2回 トーマス・マンのパロディーというスタイル
2011年11月25日(金)18:30〜

『クルルの告白』は、ゲーテの自伝的作品『詩と真実』のパロディーとして書かれている。このパロディーの文体、重層的な物語構造を、マンはどのような意図で用いたのか。詐欺師を主人公にしたアイデアとともに探る。

第3回 トーマス・マンのイロニーという視線
2011年12月16日(金)18:30〜

以上の議論を踏まえると、マンの創作の基本姿勢であるイロニーの視線が浮かび上がってくる。このことをこの小説の読解を通じて読みとり、マンの他の小説のテキストも展望する。

《講師》岸 美光さん
1948年 埼玉県生まれ。元・東京都立大学教授。ドイツ文学専攻。主な訳書に『大きなケストナーの本』(ケストナー、リスト編、共訳)『ヴェネツィアに死す』(マン)、『だまされた女/すげかえられた首』(マン)など。


●会場:東京ドイツ文化センター図書館(東京都港区赤坂7-5-56)
●アクセス:東京メトロ青山一丁目駅 A4出口から赤坂郵便局方面へ徒歩5分

東京ドイツ文化センターWebサイト イベント詳細ページ>>

●お申込み/お問い合わせ
参加ご希望の方は、事前の参加登録を下記宛にお願いします。
●東京ドイツ文化センター図書館 担当:吉次基宣さん
●E-mail: yoshitsugu@tokyo.goethe.org
●TEL: 03-3584-3203

※参加は無料です。
※この講座は日本語で行われます。

協力:財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年9月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト