浦 雅春さん訳『査察官』(ゴーゴリ)、博品館劇場で公演 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 浦 雅春さん訳『査察官』(ゴーゴリ)、博品館劇場で公演

浦 雅春さん訳『査察官』(ゴーゴリ)、博品館劇場で公演

img_kensatukan_2011.jpg

浦 雅春さん訳『査察官』(ゴーゴリ)が劇団NLTによって上演されます。公演期間は2011年11月17日(木)〜23(水)、博品館劇場で。モスクワ芸術座付属スタジオ教授を務めるロシア人演出家を迎えての上演です。
9月末には浦さんを交えての台本読み合わせも行われました。
劇団NLT 裏方日誌>>

このブログでも公演までの模様をリポートしていきます。

「ある一面だけをどぎつく強調(拡大)してしまうゴーゴリの眼」(浦 雅春さん)が描いた世界をぜひ舞台で!


劇団NLT・博品館劇場提携公演 検察官

地方都市を牛耳ってきた市長のもとに中央官庁からひそかに査察官が監査に来るとの知らせが届く。長年にわたる不正を悟られまいと清廉潔白を訴え、接待攻勢をかけて保身をはかる市の幹部たち。ところがこの査察官の正体は...。
役人と不正という永遠のテーマが描かれるゴーゴリの代表作。現代日本にも通じるユーモアを、モスクワ芸術座付属スタジオ教授を務めるロシア人演出家を迎えて上演します。

《期間》 2011年11月17日(木)〜23(水)

《会場》 銀座博品館劇場

《STAFF》
作:ゴーゴリ
訳:浦 雅春(光文社古典新訳文庫より)
演出:セミョン・アレクサンドロヴィッチ・ブーリバ

《出演》原田大二郎(客演)、川端槇二、平松慎吾、木村有里、加納健次、海宝弘之、葛城ゆい、他

《チケット代金》5,300円(全席指定・消費税込) 前売券発売中

《お問合せ》劇団NLT 03-5363-6048(平日13:00〜18:00)

劇団NLTウェブサイト>>

『鼻/外套/査察官』(ゴーゴリ  浦 雅春/訳)『鼻/外套/査察官』
ゴーゴリ/浦 雅春 訳

定価(本体648円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月 7日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト