《創刊5周年記念企画》UST対談第2弾! 野崎歓さん×中条省平さん 11月17日(木)19:00〜 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 《創刊5周年記念企画》UST対談第2弾! 野崎歓さん×中条省平さん 11月17日(木)19:00〜

《創刊5周年記念企画》UST対談第2弾! 野崎歓さん×中条省平さん 11月17日(木)19:00〜

『ヴィアンからジュネまで
  ----異才と怪物を生んだ20世紀フランス文学を語る』
 野崎歓×中条省平 対談

 日時:2011年11月17日(木)19:00〜
URL: USTREAM 「古典新訳文庫チャンネル」
http://www.ustream.tv/user/kotensinyaku

cover132.jpg光文社古典新訳文庫創刊5周年記念 スペシャル企画のUST対談第2弾が決定しました!
大好評だった沼野充義さんと貝澤哉さんによるナボコフ対談に続き、今回は"盟友"野崎歓さん、中条省平さんの対談をお届けします。 タイトルは『ヴィアンからジュネまで----異才と怪物を生んだ20世紀フランス文学を語る』!

前半は、創刊5周年のラインナップとして9月に刊行した『うたかたの日々』の作者ボリス・ヴィアンの魅力について。作家、ジャズ・ミュージシャン、歌手、エンジニア...と、マルチな才能を発揮したヴィアン。『うたかたの日々』を翻訳された野崎歓さんに、この作品への思いを、そして中条省平さんとともにヴィアンの魅力について存分に語っていただきます。

続いて後半は、昨年中条省平さんが翻訳された『花のノートルダム』の作者ジュネへと続きます。ヴィアンとジュネ--"異才"と"怪物"を生んだ20世紀フランス文学を語るのに、これ以上はない組み合わせによる贅沢な対談!お見逃しなく。cover114.jpg

「『ロリータ』だけじゃ分からない!"言葉の魔術師"ナボコフの魅力を語る。〜沼野充義×貝澤哉対談〜」はYouTube[古典新訳文庫チャンネル]で公開中!


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト