望月通陽さんの原画展ー静岡新聞での記事、23・24日はイベントも - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 望月通陽さんの原画展ー静岡新聞での記事、23・24日はイベントも

望月通陽さんの原画展ー静岡新聞での記事、23・24日はイベントも

光文社古典新訳文庫のすべての装画を手がけていただいている望月通陽さんの原画展(西荻窪・葉月ホールハウスで開催中)について、静岡新聞に掲載された記事をご紹介します。

光文社古典新訳文庫カバー絵描く 望月通陽さん
読書への門開く「お手伝い」

「訴訟」

(前略)カバーの不思議な絵に引かれて手に取る人も多い。
 絵の作者は静岡市在住の望月通陽さん。染織家として活躍する一方、装丁も数多く手掛ける。新訳文庫は創刊時から全て一人で描いてきた。基本は一筆書き。デフォルメされた人物や動物が、何やら本の内容を暗示しているようだ。
「描く前に、訳し終わった本を全部読むんです。ちょうどカントの『純粋理性批判』第7巻を読み終えました。まさか自分がカントを読むとは思わなかったが、彼の"人となり"が出ていて面白かった」
 望月さんは「絵は本の個人的な感想」と言う。例えば(これまで「審判」の邦題が定着していた)カフカの「訴訟」の絵では、部屋の隅に追いやられたような人物がこちらを見つめる。「訴訟の狭苦しさ、カフカの文章の狭苦しさ。その感じが絵になりました」


23日にはトークイベント、クリスマス・イブには谷川賢作さんとのライブもあります。会場の葉月ホールハウスは善福寺公園を臨む素敵な一軒家のギャラリーです。ぜひ、ご来場ください。
光文社 古典新訳文庫 創刊5周年記念
望月通陽 Michiaki Mochizuki原画展 「いま、息をしている言葉で」
Ⅰ期 [カラマーゾフの兄弟]
2011年11月19日(土)〜12月3日(土) 
Ⅱ期 [おれにはアメリカの歌声が聴こえる]
2011年12月10日(土)〜12月22日(木)
●OPEN 12:00〜19:00 ●CLOSE 月曜日・火曜日
入場無料/協力=光文社
《関連イベント》
ギャラリー・トーク[古典の森の物語]
駒井稔(光文社文芸局長)×望月通陽
2011年12月23日(金・祝)[OPEN]15:00[START]16:00
要予約 ¥2,000 特別プレゼントあり!
●トーク終了後、サイン会を行います。

クリスマス・ギャラリー・コンサート[聖夜の絵によせて]
谷川賢作(作曲家・ピアニスト)with 望月通陽
2011年12月24日(土)[OPEN] 15:00[START] 16:00
要予約 ¥3,000
《お申込み》
2011年11月1日(火)より葉月ホールハウス(TEL:03−5310−3546)にて受付開始
葉月ホールハウスウェブサイト
img_mochizuki08.jpgimg_mochizuki05.jpg
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月19日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト