貝澤 哉さん--「週刊読書人」 2011年回顧総特集でロシア文学を振り返る - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 貝澤 哉さん--「週刊読書人」 2011年回顧総特集でロシア文学を振り返る

貝澤 哉さん--「週刊読書人」 2011年回顧総特集でロシア文学を振り返る

cover134.jpg

「週刊読書人」(12月23日号)は、『2011年回顧総特集』。社会、思想から文学、芸術、科学まで各分野の"2011年"を振り返る特集が組まれています。ロシア文学の担当は貝澤 哉さん。
貝澤さん訳の『カメラ・オブスクーラ』をはじめ、ナボコフ関連の書籍が今年あいついで刊行され、「日本におけるナボコフ受容や読解作業があらたなステージに入りつつあることを予感させる」と。
文中に上げられている書籍はこちらです。ナボコフについてより深く理解できること必至、ぜひ!



  • 『カメラ・オブスクーラ』(ナボコフ/著 貝澤 哉/訳 光文社古典新訳文庫)

  • 『ローラのオリジナル』(ナボコフ/著 若島 正/訳 作品社)

  • 『ナボコフ全短篇』(作品社)

  • 『賜物』(ナボコフ/著 沼野充義/訳 河出書房新社)

  • 『書き直すナボコフ、読み直すナボコフ』(若島正・沼野充義/編 研究社)

  • 『ナボコフ 訳すのは「私」 自己翻訳がひらくテクスト』(秋草俊一郎/著 東京大学出版会)
  • 《その他》

  • 『青脂』(ソローキン/著 望月哲男・松下隆志/訳 『早稲田文学』連載)

  • 『アフマートヴァの思い出』(アナトーリイ・ナイマン/著 木下晴世/訳 群像社)

  • 『ヴラジーミル・ソロヴィヨフ 幻視者・詩人・哲学者』(御子柴道夫/著 岩波書店)

週刊読書人ウェブサイト>>


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト