平野啓一郎さんの新訳によるワイルド『サロメ』が光文社古典新訳文庫から4月に登場! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 平野啓一郎さんの新訳によるワイルド『サロメ』が光文社古典新訳文庫から4月に登場!

平野啓一郎さんの新訳によるワイルド『サロメ』が光文社古典新訳文庫から4月に登場!

img_salome01.jpg1999年『日蝕』で芥川賞を受賞して鮮烈なデビューを飾り、その後も『葬送』、『決壊』、『ドーン』などの意欲的な創作活動で知られる小説家・平野啓一郎さんが、「世紀末最大の傑作」と呼ばれるオスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』を、新たに翻訳されました。本作は今年5月31日から東京・新国立劇場で上演される『サロメ』のために、演出家・宮本亜門さんの依頼を受け、平野さんが訳し下ろしたものです。

アイルランド出身の作家オスカー・ワイルドは小説『ドリアン・グレイの肖像』や児童向けの『幸福な王子』などで知られる作家。サロメは聖書の物語を題材にした短い戯曲ですが、その背徳性のために発表当初は上演が禁止されるという問題作でした。ワイルドは本作を初めはフランス語で書きあげて発表、のちに英語でも、恋人アルフレッド・ダクラスによる翻訳に大幅に手を入れたものを発表しています。

サロメといえば、英語版の初版に挿入されたオーブリー・ビアズリーの悪魔的なイラストや、ギュスターヴ・モローの幻想的な絵、そして日夏耿之介などの既存の邦訳の印象のために、妖艶な大人の女性のイメージが一般には浸透していました。しかし今回新たに平野啓一郎さんが、「いま息をしている言葉で」かつ原文に忠実に翻訳されたことにより、これまでの訳では見逃されていた王女サロメの無邪気な少女の一面に光が当たり、劇を通底する(のちに彼女自身もそこに呑み込まれていく)狂気とのコントラストがより鮮明になっています。また、ほかの登場人物たちも新しい視点から捉えなおされ、それによって「不朽の名作」としての本書の価値はさらに確固たるものになっているといえるでしょう。

本作には、「サロメ」本編のほかにも、ワイルド研究の第一人者である田中裕介さんによる詳細でわかりやすい註と解説、宮本亜門さんへのインタビューを収録。『サロメ』の奥深い世界を縦横に愉しめる構成となっています。

どうぞ光文社古典新訳文庫の新しい『サロメ』にご期待ください!4月12日発売です。


新国立劇場では『サロメ』上演に向けて、特設ウェブサイトをオープン。『サロメ』の上演史や、平野さんと宮本さんの対談、サロメ役の主演・多部未華子さんのインタビュー動画などを公開中です。

『サロメ』
2012年5月31日(木)〜6月17日(日)
新国立劇場中劇場
作:オスカー・ワイルド
翻訳:平野啓一郎
演出:宮本亜門
出演:多部未華子、成河、麻実れい、奥田瑛二ほか
主催:新国立劇場 共催:TBS 後援:TBSラジオ
チケット前売開始3月17日(土)
チケット(税込)S席7350円/A席5250円/B席3150円
お問い合わせ:ボックスオフィス (Tel.03-5352-9999)

※詳しいスケジュールは新国立劇場ウェブサイトでお確かめください。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年2月14日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト