《書評》『コサック 1852年のコーカサス物語』--東京新聞 2012年5月6日 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 《書評》『コサック 1852年のコーカサス物語』--東京新聞 2012年5月6日

《書評》『コサック 1852年のコーカサス物語』--東京新聞 2012年5月6日

cover145.jpg5月6日の東京新聞の書評欄で『コサック 1852年のコーカサス物語』(トルストイ 乗松亨平/訳)を紹介していただきました。

トルストイの青年時代の体験が反映された初期作品であり、ロマンチックな理想主義とそれを批判的に見る現実主義との相克が印象深く描かれる。


トルストイが34歳の時に発表した本作は「非暴力主義の唱道者といった後年のイメージからはほど遠い、悩み迷った作家の青春の集大成」(訳者・乗松亨平さんの解説から)といえる作品です。

毎月の新刊と街ネタを紹介している渡邉裕之さんの連載コラムでは、この作品の魅力を下記のように書いています↓↓↓↓

「実に面白い小説でした。その面白さを喩えるとこうなるでしょう。東京・神保町の岩波ホールに映画を見にいって、相変わらずの良心的な文芸映画のはずと油断していたら、スクリーンに展開するのは恋あり活劇ありのてんこ盛りで、思わず夢中になり、あれよあれよというまに物語は大団円へ、気づいたら映画が終わっていたという感じでした。」

●続きは>>「新・古典座」通い -- vol.7 2012年3月


そして、作品の舞台となるコーカサス地方についての解説もぜひ読んでいただきたいです。
ロシアの近代史、文学にとって重大な意義をもつ「コーカサス」とはどういう場所なのか...乗松先生に詳しく解説していただいています。
(あとがきには、ロシア文学の「コーカサスもの」読書案内、チェチェン紛争を取り上げた映画、ルポの紹介もあります。)


トルストイの青春小説『コサック 1852年のコーカサス物語』、
お手に取っていただければと思います!


●近々、乗松亨平さんへのインタビュー「あとがきのあとがき」をブログにアップしますので、お楽しみに!


cover145.jpg
コサック 1852年のコーカサス物語
トルストイ/乗松亨平 訳
定価(本体876円+税)

モスクワでの無気力な生活に疲れた青年貴族オレーニンは、チェチェン人と対峙するコーカサス辺境での軍隊勤務を志願する。その地はコサックの自由な精神に溢れていた。そして美しい少女マリヤーナとの恋が彼の内面を変えてゆく。トルストイの従来のイメージを一新する輝かしき青春小説。


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト