《書評》『サロメ』―読売新聞2012年5月27日 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 《書評》『サロメ』―読売新聞2012年5月27日

《書評》『サロメ』―読売新聞2012年5月27日

2012年5月27日(日)の読売新聞読書欄で『サロメ』(ワイルド/平野啓一郎 訳)を取り上げていただきました。評者はロバート キャンベルさん。

可愛く危険な新訳
cover146.jpg

「...ワイルド以降、サロメは究極の悪女として描かれてきた。(中略)
しかし訳者がいうには、彼女の本当の魅力はそこにはない。むしろ親に背負わされた罪障が生み出す色気と、少女らしい純真さのミックスによって戯曲が彩られているという。卓見である。底本のフランス語初版でも、台詞はみずみずしいほど平易で世慣れしていない。主役のふわりと可愛くかつ危険な言葉で、悲劇は読者をいっそう深く暗い場所にいざなってくれるようだ。訳者あとがきと注釈、英文学者田中裕介による解説も冴えている。」


cover146.jpg サロメ
ワイルド/平野啓一郎 訳
定価(本体724円+税)

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月29日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト