《書評》『ブラス・クーバスの死後の回想』―ラティーナ2012年7月号 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書評アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 《書評》『ブラス・クーバスの死後の回想』―ラティーナ2012年7月号

《書評》『ブラス・クーバスの死後の回想』―ラティーナ2012年7月号

月刊ラティーナ2012年7月号の書評ページで『ブラス・クーバスの死後の回想』(マシャード・ジ・アシス 武田千香/訳)を取り上げていただきました。(評者:岸和田仁さん)

月刊ラティーナウェブサイト>>

(前略)ブラジル文学となると在伯日本語文学雑誌(「コロニア文学」など)での試みを視野にいれても名作を複数の翻訳で読めるという"贅沢"はほとんど許されていなかった。

そんな"断食期間"にピリオドを打つ"事件"が、このほど光文社(古典新訳)文庫から発刊されたマシャード文学の傑作『ブラス・クーバスの死後の回想』である。
(略)
一言でいえば、ブラジルという国境も19世紀末という時代も超越して読み継がれている古典であり、その日本語訳が二つになったことを評者として素直に喜びたい。
(略)
巻末の解説は、単なるお飾り的訳者解説ではない、渾身の文学エッセイだ。多くの人に、この豊かな文学世界を奨めたい。


ブラス・クーバスの死後の回想
ブラス・クーバスの死後の回想
マシャード・ジ・アシス/武田千香 訳
定価(本体1,314円+税)


  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月18日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト