「謎とき『悪霊』」(新潮選書)で亀山郁夫先生が読売文学賞を受賞! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 「謎とき『悪霊』」(新潮選書)で亀山郁夫先生が読売文学賞を受賞!

「謎とき『悪霊』」(新潮選書)で亀山郁夫先生が読売文学賞を受賞!

謎とき『悪霊』 (新潮選書)古典新訳文庫でドストエフスキー『悪霊』を新訳したばかりの亀山郁夫先生が、この作品のはらむ謎について、長年の研究をもとに書きあげたのが今回の受賞作です。ロシア文学者の故・江川卓さんの「謎とき」シリーズの流れに位置づけられる作品ですが、江川先生の偉業を意識しつつ、今回、亀山先生は満を持して、自分なりの視点で自信を持って、この作品に取り組んだということです。

古典新訳文庫の悪霊別巻で、スタヴローギンの告白の「3つの異稿」を訳出し、さらにそのテキストに詳細な分析を加えた先生の、情熱がほとばしるような著作にこの賞が授与されたのは当然と言えるかもしれません。

授賞式は2月18日(月)18時からに帝国ホテルで行われました。
たくさんの人がお祝いに駆けつけていましたが、先生は壇上での受賞者あいさつの後、パーティに移ると和やかな表情で会場からの祝福を受けていました。すでにたくさんの文学賞を受賞している先生ですが、ドストエフスキーの作品のなかでもひときわ愛着のある『悪霊』での受賞は感慨もひとしおだったようです。

選評を担当した荻野アンナさんのユーモラスな作品の紹介ぶりも、会場の笑いを誘っておりましたが、「謎とき『悪霊』」については、「真面目」に解説していただきました。

今回の受賞作と古典新訳文庫の『悪霊』全4巻を合わせてお読みいただければ、ますます深まる謎に眩惑されつつも、『悪霊』の理解が一段と深まることは間違いありません。まだ読んでいない方は、この機会にぜひご一読をお勧めいたします。

《関連記事》
YOMIURI ONLINE 本よみうり堂/第64回読売文学賞...受賞7氏と作品
毎日新聞/今週の本棚:沼野充義・評『謎とき「悪霊」』(2012年9月16日)
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年2月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト