映画『アンナ・カレーニナ』公開中!いつ観るの? - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 映画『アンナ・カレーニナ』公開中!いつ観るの?

映画『アンナ・カレーニナ』公開中!いつ観るの?

こんにちは。古典新訳文庫の傭兵編集者Oです。
トルストイの大河恋愛小説『アンナ・カレーニナ』が3月末から公開になっています!古典新訳文庫の『アンナ・カレーニナ』も、全4巻映画オビになって書店で展開中です。例によって試写会に行きそびれたので自腹で映画を観てきましたが、なかなか楽しめました。感想や見どころなどを紹介したいと思います。

img_annamovie001.jpg
豪華絢爛、凝ったセットとカメラワーク

とはいえ『アンナ・カレーニナ』はこれまでも何度も映像化、舞台化されてきた作品だけに、いまさらどうやって新味を持たせるのか、というところが一番難しそうだなと思っていたのですが、今回の映画はなかなか凝っていて「なるほど、そうくるか!」と感心します。芝居小屋の舞台で演じられているような場面から始まり、その舞台の「枠」をうまいこと出たり入ったりし、幻想的で非現実的な場面があったかと思うと、ほかの場面では街の背景が「書き割り」だったり、また客席や舞台裏に物語が洩れ出していったり......130分の長い映画ですがとにかく飽きることなく映像に魅了されます! そもそも本作はロシアが舞台なのにイギリス人俳優が英語で演じるイギリス映画なので、シリアスすぎる設定なんか面白くないわけで、その点実によく考えられた演出だと思います。

また、アカデミー賞で衣装デザイン賞を獲っただけあって、登場人物たちの花々しい衣装、立ち居振る舞いなどは見事です。結構面白かったのは舞踏会でのダンスシーン。着飾った男女が、なんだか見たことないようなプログレッシブな社交ダンスを、日体大の集団行動ばりの正確さで華麗に踊ってます。あんな華麗にな!と思います。たぶん。

コンパクトで必要十分なストーリー

130分の映画とはいえ、原作は古典新訳文庫で全4巻。収まりきるのか?あるいは話を詰め込みすぎて分からなくなるのではないか?などの懸念はあったわけですが、その点は著名な脚本家トム・ストッパードの腕が素晴らしいのでしょう、人名などに混乱することなく見られました(と、予備知識なく観たワイフも申しておりました)。また結末にいたるまで、わりと原作「全部のせ」的に忠実に再現しているように思いました。とはいえ、物語の背景、細かい人物同士のつながりを深く理解するには、原作を読むことでより楽しめると思います。

ベッツィ皇女役のルース・ウィルソンのアヒル口にやられる

こういう映画なので基本的には美女・美男ぞろいのキャストなのですが、アンナ役キーラ・ナイトレイはさておいて、端役なのに存在感全開バリバリなのが、ベッツィ皇女役のルース・ウィルソンさんです(画像は各自でググってね)。

彼女はBBCのTVドラマ『刑事ジョン・ルーサー』で主人公を手玉にとる女殺人者を演じて一躍人気になったわけですが(この彼女の演技は強烈で、最初はなんでもない役だったのがどんどん魅力的になっていきます)、本作でも難しい役どころをコケティッシュな「アヒル口」で演じています。もうね、彼女を観るために『アンナ・カレーニナ』観に行ったといっても過言ではありません!

あと、キャストでいえば、アンナの不倫相手であるヴロンスキー役のアーロン・テイラー・ジョンソンは、あの『キック・アス』の主役の人ですが、こんなに美男子だったのかとびっくりします(なんだよ、ダメ男じゃないのかよ)。また、アンナの兄オブロンスキー役のマシュー・マクファディンは、2005年の映画『プライドと偏見』ではキーラ・ナイトレイの相手役を務めていたのも面白いところ。

まとめてしまうと、『アンナ・カレーニナ』はなかなか多層的に楽しめる映画だと思いました。原作はぜひ古典新訳文庫の『アンナ・カレーニナ』でお楽しみください。

映画『アンナ・カレーニナ』
3月29日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー・ジョンソン
監督:ジョー・ライト『プライドと偏見』『つぐない』
配給:ギャガ
映画『アンナ・カレーニナ』公式サイト

映画化関連でいえば、古典新訳文庫『グレート・ギャッツビー』も、レオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』の6月14日公開に先立って、映画オビになります!古典作品はどうしても他社との競合になることが多いのですが(笑)、本作の小川高義訳はとにかく読みやすいことで定評がありますので、ぜひ古典新訳文庫で「予習」してから映画をご覧ください!

img_gatsbymovie01.jpg
映画『華麗なるギャツビー』
6月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン
監督:バズ・ラーマン
配給:ワーナー・ブラザース映画
映画『華麗なるギャツビー』公式サイト
アンナ・カレーニナ1

アンナ・カレーニナ1 <全4巻>

  • トルストイ/望月哲男 訳
  • 定価(本体971円+税)
  • ISBN:75159-3
  • 発売日:2008.7.10

グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

  • フィッツジェラルド/小川高義 訳
  • 定価(本体686円+税)
  • ISBN:75189-0
  • 発売日:2009.9.8

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年4月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト