野崎歓さん、沼野充義さん、辻原登さんシンポジウム「観てから読むか、読んでから観るか──文学と映画のあいだ」 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 野崎歓さん、沼野充義さん、辻原登さんシンポジウム「観てから読むか、読んでから観るか──文学と映画のあいだ」

野崎歓さん、沼野充義さん、辻原登さんシンポジウム「観てから読むか、読んでから観るか──文学と映画のあいだ」

シンポジウム「観てから読むか、読んでから観るか──文学と映画のあいだ」

日時:2013年7月13日(土)15時〜
会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館2階2大教室
『文学と映画のあいだ』(東京大学出版会)の刊行を記念して、編者の野崎歓さん、沼野充義さん、辻原登さんが文学と映画の相互関係によるダイナミズムについて語り合うシンポジウムです。
申し込み不要。無料。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年6月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト