映画『ドストエフスキーと愛に生きる』2月22日より渋谷アップリンク、シネマート六本木ほかで全国順次公開 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 映画『ドストエフスキーと愛に生きる』2月22日より渋谷アップリンク、シネマート六本木ほかで全国順次公開

映画『ドストエフスキーと愛に生きる』2月22日より渋谷アップリンク、シネマート六本木ほかで全国順次公開

ドストエフスキーの『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『悪霊』『未成年』『白痴』5作品をドイツ語に翻訳した84歳の翻訳家スヴェトラーナ・ガイヤーの半生を追ったドキュメンタリー映画『ドストエフスキーと愛に生きる』が2月22日(土)から渋谷アップリンク、シネマート六本木ほかで全国順次公開されます。

1923年ウクライナ・キエフで生まれたスヴェトラーナ・ガイヤーは、スターリン政権下で少女時代を過ごし、家族を守るためナチス占領下で"敵軍"ドイツ軍の通訳者となって、激動の時代を生き抜いた女性。戦後、故郷を離れ、ドストエフスキー作品のドイツ語翻訳に取りくみました。

妥協を排してドストエフスキー作品と向き合い、翻訳する彼女の日常を丁寧に映し出したドキュメンタリーです。

この作品は『5頭の象と生きる女』というタイトルで、2011年の山形国際ドキュメンタリー映画祭に出品され、市民賞インターナショナル・コンペティション部門で優秀賞と市民賞を受賞。"5頭の象"とはスヴェトラーナ・ガイヤーが翻訳したドストエフスキーの『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『悪霊』『未成年』『白痴』のこと。

映画公開に合わせて、"5頭の象"から古典新訳文庫の亀山郁夫訳『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『悪霊』をぜひ手に取ってみてください。また、映画公式サイトには、亀山郁夫さんのコメントも掲載中です。ぜひご覧ください。

84歳の翻訳家スヴェトラーナが織り成す
深く静かな言語の世界と、紡がれる美しい言葉たち。
ドストエフスキー文学と共に歩んだ一人の女性の、数奇な半生を追ったドキュメンタリー
映画『ドストエフスキーと愛に生きる』
2月22日(土)より渋谷アップリンク、シネマート六本木ほか全国順次公開
出演: スヴェトラーナ・ガイヤー、アンナ・ゲッテ、ハンナ・ハーゲン、ユルゲン・クロット
監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ
配給・宣伝:アップリンク
映画『ドストエフスキーと愛に生きる』ウェブサイト
《関連刊行本》
『悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟4』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年1月20日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト