望月通陽さんの個展──松山・ギャラリー リブ・アートと大分・サリーガーデン「望月通陽ミュージアム」で - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 望月通陽さんの個展──松山・ギャラリー リブ・アートと大分・サリーガーデン「望月通陽ミュージアム」で

望月通陽さんの個展──松山・ギャラリー リブ・アートと大分・サリーガーデン「望月通陽ミュージアム」で

古典新訳文庫のカバーの絵を描いてもらっている望月通陽さんの個展が開かれます。

「型染めの力×彫刻の力」と題して、型染、木彫、ブロンズ、鋳造ガラス、版画が展示されます。会期は2月14日(金)から24日(月)まで、愛媛県松山市のギャラリー リブ・アートで。会期中の2月15日(土)には、つのだたかしさんのコンサート、古楽器「リュート」の魅力も行われます。望月さんの温もりある世界にひたってみてはいかがでしょう。

ギャラリーリブ・アート20周年記念「望月通陽展 型染めの力×彫刻の力」
会期:2月13日(木)~2月24日(月)
住所:愛媛県松山市湊町4-12-9メゾンM2ビル3F TEL:089-941-9558
ギャラリー リブ・アートウェブサイト

もうひとつ、こちらは大分のサリーガーデン「望月通陽ミュージアム」で「古典新訳の世界」が開かれています。普段みることのできない、望月さんのスケッチブックを覗くことのできる貴重な展示です。担当編集者への手紙の下書きもあって、毎月のカバーの絵がどのように出来上がっているのか、その裏舞台が垣間見えたりもします。

DSC00200_450.jpg DSC00227_450.jpg

望月さんは、あくまで絵は「個人的な感想」を表したものとおっしゃるのですが、作品の小説世界や哲学思想のひとつの象徴でもあります。読者の方が絵を最初に見てどんな印象を持たれるか、そしてまた読後にあらためて見直してどのような感想を持たれるのか。読者それぞれが心に、頭に描く絵があると思います。読書することで、望月さんの絵と自分の絵二つを手にすることができます。

DSC00232_450.jpg DSC00211_450.jpg

またミュージアムそのものも素晴らしく、美味しいシフォンケーキをいただきながらゆったりとした午後を過ごすにはもってこいの場所でもあります。私もケーキをいただきましたが、その美味しさに感動しました。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

DSC00225_450.jpg DSC00219_450.jpg
サリーガーデン 望月通陽ミュージアム
住所:大分県大分市下宗方1472-1 TEL:097-542-4446
サリーガーデンウェブサイト

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト