〈ブックオカ2014〉福岡で考えるドストエフスキーと現代 亀山郁夫さん講演会〜再読『罪と罰』 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 〈ブックオカ2014〉福岡で考えるドストエフスキーと現代 亀山郁夫さん講演会〜再読『罪と罰』

〈ブックオカ2014〉福岡で考えるドストエフスキーと現代 亀山郁夫さん講演会〜再読『罪と罰』

10月22日(水)から福岡市内各所で、本にまつわる様々なイベントが行われるBOOKUOKA(ブックオカ)2014で、亀山郁夫さんの講演会が開催されます。ぜひ足をお運びください。

福岡で考えるドストエフスキーと現代 亀山郁夫さん講演会〜再読『罪と罰』
p_kameyama01.jpg

〝選ばれしもの〟には〝取るに足らない命〟を奪うことはゆるされるのか? 人間の罪とは何か? 救済とは何か? ドストエフスキーを現在に甦らせた翻訳者が行間に隠されたメッセージ解読し、作品の現代性を考えます。

《日時》11月8日(土)14:00〜
《会場》大名MKホール[中央区大名1-3-40 オリエンタルHMKビルB1F]
《料金》無料  要予約
予約フォームはこちら
《共催》光文社
■詳しくはBOOKUOKA2014のウェブサイトをご覧ください。
BOOKUOKA(ブックオカ)2014ウェブサイト(開催期間:10/22〜11/22)
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月17日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト