関口英子さん、第1回須賀敦子翻訳賞を受賞!『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』で - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ , ホーム > 翻訳者アーカイブ > 関口英子さん、第1回須賀敦子翻訳賞を受賞!『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』で

関口英子さん、第1回須賀敦子翻訳賞を受賞!『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』で

イタリア文化会館が今年から新設した、イタリア語から日本語への翻訳書に対して授与する「須賀敦子翻訳賞」を関口英子さんが受賞されました。受賞作は古典新訳文庫の『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』(2012年刊)です。
『ピランデッロ短編集 カオス・シチリア物語』(白水社 2012年刊)を翻訳された白崎容子さん、尾河直哉さんと、3名が受賞されました。おめでとうございます。

イタリア文化会館ウェブサイト

岡田温司、木村榮一、柴田元幸、四方田犬彦、和田忠彦(委員長)の5氏からなる選考委員会の総評です。

「須賀敦子の名を冠した翻訳賞の第一回受賞作は、ひとりの20世紀文学の巨人が遺した厖大な短篇を、それぞれ異なる視点に立って編んだアンソロジー2冊となった。ルイジ・ピランデッロ(1867-1930)は劇作家として小説家として、ひたすら前のめりに近代化を急ぐイタリアの、ゆがみや陰翳を、ときに滑稽でときに愚かな人間の振る舞いに映した作家である。今回の2冊の受賞を契機に、劇作と小説と詩と評論をとおして、いまを生きる人間の在り様そのものが「不条理」であるとつたえた最初のイタリア作家の世界に、あらためて日本の読者が関心を寄せることを期待したい」

11月13日にイタリア文化会館で行われる授賞式に間に合うよう、『月を見つけたチャウラ』の新しい帯も作成中です。ぜひ、ピランデッロの2冊の短篇集を手にとってみてください。


月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集

月を見つけたチャウラ
ピランデッロ短篇集

  • ピランデッロ/関口英子 訳
  • 定価(本体1,029円+税)
  • ISBN:75258-3
  • 発売日:2012.10.11

カオス・シチリア物語
ピランデッロ短編集

  • ピランデッロ/白崎容子 尾河直哉 訳
  • 2,527円(税込み)
  • 発売日:2012.7.21

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト