『50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア』開催中! 丸善津田沼店他 全国各地で - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 書店アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 『50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア』開催中! 丸善津田沼店他 全国各地で

『50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア』開催中! 丸善津田沼店他 全国各地で

『50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア』丸善津田沼店の酒井七海さん発案のこの企画、丸善津田沼店だけでなく全国各地の書店でも続々開催が決まっています。

そもそもこの企画を思いついたのは、

「海外の本が子どものときから大好きで、よく親しんできました。 でも、実際に書店員になってからは、海外文学ってこんなにも売れないのだということを知り、なんとかならないだろうかと考えてきました。」

という酒井さんの海外文学への熱情から。そこで、独自のネットワークを駆使して50人の海外文学目利きに「海外文学作品まずこの1冊」を推してもらうことにしたそうです。

img_maruzenfair201502-01.jpg
〈クリックで拡大〉

推薦人には、古典新訳文庫でお世話になっている小川高義先生のお名前も。そして当編集部編集長の駒井も1冊推薦させてもらっています。沼野充義先生訳の『新訳 チェーホフ短篇集』(集英社)です。

古典新訳文庫のラインナップからは池田真紀子さんによる新訳『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ケイン)を河出書房新社の片山郁さんに推していただいています。ちょうど同時期に新潮文庫から刊行された田口俊樹さんの新訳と一緒に。

img_maruzenfair201502-02.jpg
〈クリックで拡大〉
酒井さんにご協力いただいて、店頭で配布されているフェアの小冊子から、古典新訳文庫関連のページを掲載させてもらいました(ありがとうございます!)

このフェアを企画したきっかけを綴った酒井七海さんのテキスト、50人の推薦人のお名前は「翻訳ミステリー大賞シンジケート」のウェブサイトに掲載中です。

翻訳ミステリー大賞シンジケート:「はじめての海外文学フェア」開催!(執筆者・酒井七海[丸善津田沼店])

上記のページにフェア開催が決定している店舗情報もありますので、ぜひお近くの開催店舗にお立ち寄りください。
新たに「石川県・うつのみや書店 野々市上林店( 2/10〜開催予定)」と「茨城県・未来屋書店 水戸内原店(2月開催予定)」での開催も決まり、もう数店舗追加の予定も。店頭のフェア小冊子は飛ぶようになくなっているとのこと。必読アイテムです!

img_maruzenfair201502-03.jpg
〈クリックで拡大〉
img_maruzenfair_250.jpg
オンラインで、小冊子配布スタート!(2015.3.27)
『50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア』
小冊子ダウンロードはこちらから(PDFファイル 7MB)

[丸善津田沼店 店舗情報は下記ウェブページから]
丸善津田沼店ウェブページ

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年2月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト