新刊発売!『21世紀のマダム・エドワルダ  バタイユの現代性をめぐる6つの対話』、京都で刊行記念トーク・コンサートも開催。 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 新刊発売!『21世紀のマダム・エドワルダ  バタイユの現代性をめぐる6つの対話』、京都で刊行記念トーク・コンサートも開催。

新刊発売!『21世紀のマダム・エドワルダ  バタイユの現代性をめぐる6つの対話』、京都で刊行記念トーク・コンサートも開催。

2013年3月に上演された「江戸糸あやつり人形座」による『マダム・エドワルダ ――君と俺との唯物論』。「私」という男が娼婦エドワルダと交わり、彼女に「神」を見るというジョルジュ・バタイユの短編小説『マダム・エドワルダ』(中条省平訳)を人形芝居として劇化した挑戦的な試みでした。

cover_me21-01.jpg
定価1900円+税
ISBN 978-4-334-97820-4
2015年5月19日

本書は、その公演期間中、演出をつとめた大岡淳氏が聴き手となり、6名の論客を迎えて開催したトークセッションを軸に、中条省平氏と大岡淳氏の寄稿を付加して編集したものです。

戦後70年、時代の転換期でもある現代日本の思想的、精神的状況をバタイユで読み解くスリリングな対話集、『21世紀のマダム・エドワルダ  バタイユの現代性をめぐる6つの対話』ぜひお読みください。

【目次】    
プロローグ    
1バタイユ論 バタイユはファシストとどう違うのか 宇波彰
2危機論 希望への想像力を獲得するために 大澤真幸
3ファシズム論 国民国家が崩壊するとき 片山杜秀
4エロス論 すべてはここから始まる ブブ・ド・ラ・マドレーヌ/仲野麻紀
5全体性論 「われわれはどこに向かっているのか」 宮台真司
6文学論 人間の限界を超えること 中条省平
7女神を待ちながら ジョルジュ・バタイユの戦争         大岡淳

本書の刊行を記念して、恵文社一乗寺店 COTTAGEでトーク・コンサートが開催されます。ぜひ足をお運びください!

大岡淳編著『21世紀のマダム・エドワルダ』刊行記念連続トークセッション@京都 疾走する女神たち
《日時》2015年6月4日(木) 18:30 open 19:00 start
第1部 19:00~ ブブ・ド・ラ・マドレーヌ ✕ 大岡淳 トークセッション「ファシズムは誘惑する!」
第2部 20:00~ Ky ライブ 「音の内的体験」
《料金》1500円
《予約》contact@openmusic.jp.net 090-8199-2665
 イベントの詳細は COTTAGE 恵文社一乗寺店ウェブサイトをご覧ください
[関連記事]
江戸糸あやつり人形座「マダム・エドワルダ―君と俺との唯物論―」公演始まりました
『マダム・エドワルダ』が人形劇にー江戸糸あやつり人形座公演 3月20日から

cover_me21-01.jpg

21世紀のマダム・エドワルダ  
バタイユの現代性をめぐる6つの対話

  • 大岡淳/編著
  • 定価(本体1,900円+税)
  • 発売日:2015.05.19

マダム・エドワルダ/目玉の話

マダム・エドワルダ/目玉の話

  • バタイユ/中条省平 訳
  • 定価(本体419円+税)
  • ISBN:75104-3
  • 発売日:2006.9.7

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト