紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会 「『チャタレー夫人の恋人』の新しい読み方」木村政則さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で6月26日(金)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会 「『チャタレー夫人の恋人』の新しい読み方」木村政則さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で6月26日(金)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会 「『チャタレー夫人の恋人』の新しい読み方」木村政則さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で6月26日(金)開催

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第7弾はロレンス『チャタレー夫人の恋人』(2014年9月刊)の訳者・木村政則さんをお迎えして開催します。

img_kimuramasanori01.jpg

上流階級の令夫人であるコニーは、戦争で下半身不随となった夫の世話をしながら、生きる喜びのない日々を送っていた。そんなとき、屋敷の森番メラーズに心奪われ、逢瀬を重ねることになるが......。

この作品ほど誤解と中傷にさらされてきた作品はありません。過激な性描写とそれが引き起こした裁判や発禁処分のみが話題にされ、ロレンスが描こうとした「生の喜び」というテーマは長い間忘れ去られてきました。しかし今回の木村政則さんの新訳を読むと、本作の登場人物たちの苦悩や絶望がきわめて現代的であること、彼らが今を生きる我々にとって隣人と呼べる存在であることがよくわかります。本作は地位や立場を超えた愛に希望を見つけようとする男女を描いた至高の恋愛小説であり、さまざまな意味で革命的な作品なのです。

今回の読書会では、翻訳者の木村政則さんをお迎えして、新訳における工夫や苦労、そして、この作品のまったく新しい読み方について語って頂きます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session)
「『チャタレー夫人の恋人』の新しい読み方」木村政則さんを迎えて
《日時》2015年6月26日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》無料
《参加方法》2015年6月14日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には木村先生の著作・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
 詳しくは 紀伊國屋書店新宿店ウェブサイトをご覧ください
[木村政則(きむら・まさのり)さんプロフィール]
1968年生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得退学。大学非常勤講師。専門は20世紀イギリス小説。著書に『20世紀末イギリス小説――アポカリプスに向かって』。訳書に『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』(モーム、光文社古典新訳文庫)、『寝ても覚めても夢』『バン、バン! はい死んだ』(ミュリエル・スパーク、河出書房新社)がある。
チャタレー夫人の恋人

チャタレー夫人の恋人

  • D・H・ロレンス/木村政則 訳
  • 定価(本体1,700円+税)
  • ISBN:75297-2
  • 発売日:2014.9.11

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト