映画『裁かれるは善人のみ』鬼才ズビャギンツェフ監督が鋭く切り取った"ロシアの今"を沼野充義先生が徹底解説!11月3日新宿武蔵野館でのトークイベントレポート - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 映画『裁かれるは善人のみ』鬼才ズビャギンツェフ監督が鋭く切り取った"ロシアの今"を沼野充義先生が徹底解説!11月3日新宿武蔵野館でのトークイベントレポート

映画『裁かれるは善人のみ』鬼才ズビャギンツェフ監督が鋭く切り取った"ロシアの今"を沼野充義先生が徹底解説!11月3日新宿武蔵野館でのトークイベントレポート

10月31日(土)から新宿武蔵野館ほかで公開中の映画『裁かれるは善人のみ』。監督のアンドレイ・ズビャギンツェフ氏はデビュー作『父、帰る』(03)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞と新人監督賞をW受賞し、世界にその名を知らしめたロシアの鬼才。そのズビャギンツェフ監督と親交があるロシア文学者沼野充義さんのトークイベントが、11月3日(火)に新宿武蔵野館で行われました。

img_ Leviathan-numano20151103.jpg
沼野充義さん
11月3日(火・祝)新宿武蔵野館で

ロシア映画としては半世紀ぶりとなる本年のゴールデングローブ賞外国語映画賞、そして昨年のカンヌ国際映画祭脚本賞受賞、またアカデミー賞にもノミネートされた本作は、主人公が教会と結託した権力と闘うという内容のため、ロシアでの公開時には上映禁止運動がおこり、大きな論議を呼びました。新宿武蔵野館でも公開直後から満席・立ち見の回も出るなど大ヒット中の話題作です。

力と悪と愛と絶望をめぐる悲劇が、現実を超えて神話の域に達する。
映画がこれほどすさまじく美しく、心を打ちのめすものになるなどと、誰が想像できただろうか?(本作に寄せてー沼野充義

沼野:ズビャギンツェフ監督を最初に知ったのは、『父、帰る』(03)でしたが、この作品はデビュー作とは思えない完成度で世界を驚かせました。今回公開された最新作の『裁かれるは善人のみ』は、デビュー作から10年以上経っていますが、より、深みのあるものになっていますよね。内容的には、暗くて先が見えないものですが、でも徹底した人間の描き方と、ロシア北部の荘厳な風景は圧倒的で、以前にも以前にも増して独特の美的世界の密度が濃くなったように思いました。

映画からみるロシアの現在について

沼野:『裁かれるは善人のみ』は、社会的問題を正面から取り上げていますよね。舞台はロシアで、地方政権の腐敗を鋭い視点で描いています。ロシアの教会の人たちからしたら決して面白い内容のものではありませんよね。

しかし、よくよく見ると、単純に批判だけをしている訳ではなく、教会がある意味、地方権力者たちの精神的な支えになっていて、聖教を尊んでいる姿がしっかりと描かれています。そういう両面を描きながら、ラストの聖職者の説教シーンが空々しく聞こえるのは「こういう現実を、あなたならどう考えるか。」という監督からの問いが感じられます。監督は、芸術家肌。そういう彼が現代のロシアを描くと必然的に、こうした作品になるんだと思いましたね。

しかし、ロシアの歴代指導者の肖像を射撃するシーンなどは、公開禁止ギリギリの際どい表現ですよね。そうした制限があるからこそ、『裁かれるは善人のみ』は、より洗練された、映画の本質に迫ったものになったのではないかと思います。

この作品のテーマについて

沼野:『裁かれるは善人のみ』を、単に政権批判とみるのか、普遍的な権力の腐敗とみるのかという話ですが、それは、本作がアメリカで実際に起きたキルドーザー事件や、「ミヒャエル・コールハースの運命」という小説、そして聖書のヨブ記を基にしているところからも、後者の「普遍的な権力の腐敗」をテーマとしているのではないかと思います。単に政権批判の映画であったならば、恐らく市民運動家が権力に向かう話になっており、主人公も酒に溺れたり、家庭も崩壊していたりはしないでしょう(笑)。

権力の横暴があったとき、個人はとても弱い存在です。それなのに、主人公にこれでもか、と色んな理不尽な試練を与えている部分をみると、監督からの「なぜ、世の中はこんなにひどいことが起こり続けているのか」という問いが詰まっているように思うのです。

[沼野充義さんプロフィール]
1954年、東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論、スラヴ語スラヴ文学研究室)。東京大学教養学部教養学科卒、同大学人文科学研究科大学院を経て、フルブライト留学生としてハーヴァード大学大学院に学ぶ。

img_ Leviathan-main450.jpg
映画『裁かれるは善人のみ』新宿武蔵野館ほかで公開中!
映画『裁かれるは善人のみ』公式ウェブサイト
〈STORY〉入り江のある小さな町。自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして先妻との間に生まれた息子ロマと共に、住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた市長のヴァディムは、権力に物を言わせ、彼らの土地を買収しようと画策する。自分の人生の全てともいえる場所を失うことが耐えられないコーリャは、強行策に抗うべく、友人で弁護士のディーマを頼ってモスクワから呼び寄せ、市長の悪事の一端を掴み、明るみに出そうとするのだが......。穏やかだった海はすべてを飲み込むかのごとく荒々しく姿を変える。圧倒的な自然の前では人間が非力なように、欲が肥大し強大になった権力を前に闘うコーリャもまた、なすすべもなく打ちのめされていく。正直に生きる矮小な人間に、神は味方をするのだろうか??。
監督・脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ
出演:アレクセイ・セレブリャコフ、エレナ・リャドワ、ウラディミール・ヴドヴィチェンコフ、ロマン・マディアノ
Leviathan/2014年/ロシア/140分配給:ビターズ・エンド© 2014 Pyramide / LM

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト