紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#14「サン=テグジュペリ『星の王子さま』はなぜ『ちいさな王子』になったのか?」<br />野崎 歓さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で1月29日(金)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#14「サン=テグジュペリ『星の王子さま』はなぜ『ちいさな王子』になったのか?」
野崎 歓さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で1月29日(金)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#14「サン=テグジュペリ『星の王子さま』はなぜ『ちいさな王子』になったのか?」
野崎 歓さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で1月29日(金)開催

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとのコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第14弾はサン=テグジュペリ『ちいさな王子』の訳者・野崎 歓さんをお迎えして開催します。

img_nozakikan_kinokuniya201601.jpg大ヒットとなった映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』。この映画のタイトル『リトルプリンス』というのは、サン・テグジュペリの小説Le Petit Princeの英語訳なのですが、これまで日本では『星の王子さま』というタイトルが一般的でした。しかし、光文社古典新訳文庫版では、本作は『ちいさな王子』というタイトルにしてあります。今回の読書会では、フランス文学者で本作を翻訳された野崎歓さんをお迎えし、原文に籠められた作者の思いを読み解きつつ、なぜ「星の王子さま」でなく「ちいさな王子」でなくてはならないのか、翻訳においてどのような工夫がなされたのか、といったことについて詳しく解説していただきます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session)
「サン=テグジュペリ『星の王子さま』はなぜ『ちいさな王子』になったのか?」
野崎 歓さんを迎えて
《日時》2016年1月29日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》2015年12月27日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には野崎歓さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[野崎 歓(Kan Nozaki)さんプロフィール]
1959年生まれ。東京大学文学部教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている。著書に『異邦の香り--ネルヴァル『東方紀行』論』『フランス小説の扉』『赤ちゃん教育』『われわれはみな外国人である--翻訳文学という日本文学』ほか。訳書に『浴室』(トゥーサン)、『素粒子』(ウエルベック)、『幻滅』(バルザック、共訳)、『ちいさな王子』(サン=テグジュペリ)、『赤と黒』(スタンダール)『うたかたの日々』(ヴィアン)など多数。
ちいさな王子

ちいさな王子

  • サン=テグジュペリ/野崎 歓 訳
  • 定価(本体560円+税)
  • ISBN:75103-6
  • 発売日:2006.9.7

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト