紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#23 「短篇の名手O・ヘンリーが描き出した、めくるめく物語世界」芹澤恵さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月10日(木)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#23 「短篇の名手O・ヘンリーが描き出した、めくるめく物語世界」芹澤恵さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月10日(木)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#23 「短篇の名手O・ヘンリーが描き出した、めくるめく物語世界」芹澤恵さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月10日(木)開催

img_serizawa_20161110.jpg

O・ヘンリーはアメリカを代表する短篇作家。人情味に溢れ、ひねりのきいた作品で知られ、テレビCMのモチーフや英語の教科書の教材として「賢者の贈り物」「最後の一葉」などの代表的作品に触れたことがある方も多いでしょう。光文社古典新訳文庫でも、2007年10月に刊行した短篇集『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』が、版を重ねてロングセラーとなっており、O・ヘンリーの人気のほどがうかがえます。

生涯数百もの短篇・掌篇を書いたとされるO・ヘンリーの短篇集を新たに編むにあたっては、その「切り口」がとても重要になってきます。今回の読書会では、『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』を翻訳された芹澤恵さんをお招きし、O・ヘンリー作品の魅力を俯瞰して頂きながら、どのような視点からこの作品集を編まれたのか、また個別の作品を訳す上でどのような工夫が試みられたのか、ということについて、たっぷりと語っていただきます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #23
「短篇の名手O・ヘンリーが描き出した、めくるめく物語世界」芹澤恵さんを迎えて
《日時》2016年11月10日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》2016年10月15日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には芹澤恵さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[芹澤恵(せりざわ・めぐみ)さんプロフィール]
成蹊大学文学部卒業。英米文学翻訳家。訳書に、『傍迷惑な人々』(サーバー)、『地球の中心までトンネルを掘る』(ウィルソン)、『愛しのクレメンタイン』(クラヴァン)、『冬のフロスト』(ウィングフィールド)、『裁きの街』(ピータースン)、『真夜中の青い彼方』(キング)、『クラッシャーズ』(ヘインズ)などがある。
1ドルの価値/賢者の贈り物

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

  • O・ヘンリー/芹澤 恵 訳
  • 定価(本体720円+税)
  • ISBN:751415
  • 発売日:2007.10.11
  • 電子書籍あり

光文社電子書籍取り扱い書店一覧へ
電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。
詳細は各電子書店にお問い合せください。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月15日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト