『つまり、読書は冒険だ。 ──対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5』、発売! - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 編集部便りアーカイブ > 『つまり、読書は冒険だ。 ──対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5』、発売!

『つまり、読書は冒険だ。 ──対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5』、発売!

img_20170315-02.jpg

東京大学の沼野充義教授(ロシア・ポーランド文学)と、現代の文学を担う作家・翻訳者・研究者たちとの対談をまとめた人気対談集「対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義」の第5弾が発売されました。第1弾が出たのは2012年、今回が最終巻になります。

今回のゲストは、海外でも人気の高い作家の川上弘美氏、作家・翻訳・文学研究と多彩な活躍をされる小野正嗣氏、日中比較文学研究の張競氏、短歌などの研究で著名なツベタナ・クリステワ氏。また、今回は東京大学現代文芸論研究室で海外文学を研究する日本人研究者、日本文学を研究する外国人研究者の面々に、それぞれの専門分野から世界文学の現場を紹介してもらいました。

いま文学に何ができるのか、なぜ文学が大事なのか──26回の対談を通して読むと、その答えが見えてきます! ぜひお読みください。

《目次》
  • はじめに──世界文学六カ条
  • 日本から世界へ
  • 「私と文学」なめらかで熱くて甘苦しくて
  • 川上弘美(小説家)×沼野充義+小澤 實(俳人)
  • 大学は生物学科。図書館で本を読み、研究室ではおでんを煮ていた/『季刊NW‐SF』という「場所」/溜まった十年間の澱のようなものが、書かせてくれた/異世界に遊ぶ翻訳文学の歓び/『真鶴』を読む/俳句を作る小説家/『伊勢物語』を翻訳して/『神様2011』の想像力/いまお薦めの本/質疑応答

  • 日本から世界へ
  • マグノリアの庭から――文学の未来はどうなるのか
  • 小野正嗣(小説家・フランス文学者)×沼野充義
  • 文学とは場所を作り、与え、受け入れてくれるもの/方言、標準語、登場人物のモデルの話など/小さな場所について/世界につながるクレオール文学/小さな島の小さな通りに住んでいる人たち/よその土地で自分の土地を発見する/五つの顔を持つ小説家/お薦めの本/質疑応答

  • 世界から日本へ
  • 世界文学としての東アジア文学――日中文学交流の現在
  • 張競(比較文学・文学史学者)×沼野充義
  • 明治までの日本文学は、中国語と日本語のバイリンガル社会だった/似ていることの「落とし穴」/80年代という曲がり角/「文体」という問題/翻訳が教えること―ハルキの英訳を中心に/最新日中・中日文学交流事情/食の薀蓄/現代中国文学の豊かさ―日本の随筆の素晴らしさと詩の中国語訳/もっと小説を!/中国人は日本人が嫌いか。日本人は中国人が嫌いか。

  • 世界から日本へ
  • 心づくしの日本語――短詩系文学を語る
  • ツベタナ・クリステワ(日本文学者)×沼野充義
  • 日本古典文学事始め/和歌の消長と行く末/「あいまいさ」の詩学/文学の現代性も「両義性」の中にこそある/俳句は和歌の極まりである/質疑応答/お薦めの本

  • シンポジウム
  • 世界文学と愉快な仲間たち――第一部 日本から世界へ
  • 柳原孝敦(スペイン文学)、阿部賢一(チェコ中欧文学)、亀田真澄(ロシア東欧文化研究)、奈倉有里(ロシア文学)[進行]沼野充義 
  • 「ラテンアメリカ文学」という広がりのあるジャンル/チェコ文学―一つの価値観が絶対ではない世界で生きていくための「術」/クロアチア・セルビア―大国に翻弄され続けた地域の「プロパガンダ」という物語/ロシア―スモーリヌイの建物の、突き当たりにある小さな部屋で聞かされたこと/質疑応答

  • シンポジウム
  • 世界文学と愉快な仲間たち――第二部 世界から日本へ
  • ライアン・モリソン(アメリカ)、ヴィヤチェスラヴ・スロヴェイ(ウクライナ)、邵丹(中国)、鄭重(中国)、ウッセン・ボタゴス(カザフスタン)、ソン・ヘジョン(韓国)、エルジビエタ・コロナ(ポーランド)[進行]沼野充義
  • 外国の日本文学研究者たちが与えてくれるもの/わけがわからないままどっぷり浸かった、日本版モダニストの石川淳/興味の焦点は言語と文学の間にあった/揚州の鑑真を偲ぶ庭園に日本を想い、京都に残る古き唐朝の息吹に感動した/「あ行」から始めた乱読が、「こ」まで来たところで小島信夫が見つかった/日本人の真似をしながら日本語を話すということから自分を解放できずにいます/着地するのではなくどこかに向かう気持ち、そしてその過程に存在することへの関心/完璧な瞬間の美に気づくことができたのは、俳句を読んでいたから

  • あとがき──二十六回の「対話」を終えて
cover_sekai05-01.jpg

つまり、読書は冒険だ。
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5

  • 沼野充義/編著
  • 定価(本体1,900円+税)
  • ISBN:97882-2
  • 発売日:2017.03
  • 電子書籍あり

《対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義 既刊》
cover_sekai04-01.jpg

8歳から80歳までの世界文学入門
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4

  • 沼野充義/編著
  • 定価(本体1,800円+税)
  • ISBN:97882-2
  • 発売日:2016.08
  • 電子書籍あり

cover_sekai03-01.jpg

それでも世界は文学でできている
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義3

  • 沼野充義/編著
  • 定価(本体1,700円+税)
  • 発売日:2015.03
  • 電子書籍あり

cover_sekaibungaku2_03.jpg

やっぱり世界は文学でできている
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2

  • 沼野充義/編著
  • 〈ゲスト〉亀山郁夫/野崎 歓/都甲幸治/綿矢りさ/楊逸/多和田葉子
  • 定価(本体1,800円+税)
  • ISBN:97759-7
  • 発売日:2013.11.15
  • 電子書籍あり
cover_sekai02.jpg

世界は文学でできている
対話で学ぶ<世界文学>連続講義

  • 沼野充義/編著
  • 〈ゲスト〉リービ英雄/平野啓一郎/ロバート キャンベル/飯野友幸/亀山郁夫
  • 定価(本体1,700円+税)
  • 発売日:2012.1.17
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月21日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト