日本ロシア文学会 公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』7月8日(土)東京大学本郷キャンパスで開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 日本ロシア文学会 公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』7月8日(土)東京大学本郷キャンパスで開催

日本ロシア文学会 公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』7月8日(土)東京大学本郷キャンパスで開催

20170708-01.jpg

日本ロシア文学会公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』が7月8日(土)に東京大学本郷キャンパスで開催されます。
望月哲男先生が「『白痴』と『アンナ・カレーニナ』」、貝澤哉先生が「ナボコフ初期小説の楽しい読み方ー『カメラ・オブスクーラ』、『絶望』、『偉業』を翻訳して」と題してお話されます。このシンポジウムは広く一般に向けて公開されるものです。入場無料、予約は不要です。ぜひご参加ください!


日本ロシア文学会 公開シンポジウム『ロシアの文化 その魅力と鑑賞法』
《日時》7月8日(土)14時〜17時30分
《会場》東京大学本郷キャンパス 法文1号館1階113教室[文京区本郷7-3-1]
《入場無料・予約不要》
《プログラム》
開会の辞 野中進(埼玉大学)
Part1 ロシア文学の鑑賞法
●望月哲男(北海道大学) 『白痴』と『アンナ・カレーニナ』
●貝澤哉(早稲田大学) 「ナボコフ初期小説の楽しい読み方ー『カメラ・オブスクーラ』、『絶望』、『偉業』を翻訳して」
●鳥山祐介(千葉大学) 「18世紀にロシア文学などあったのか?」
Part2 ロシアの文化力を知ろう
●大野斉子(宇都宮大学)「シャネルNo.5とロシアの香水史」
●平野恵美子(東京大学)「ラフマニノフと鐘」
質疑応答
閉会の辞 望月哲男
司会 八木君人(早稲田大学)
日本ロシア文学会ウェブサイト
アンナ・カレーニナ1

アンナ・カレーニナ1 <全4巻>

  • トルストイ/望月哲男 訳
  • 定価(本体1,100円+税)
  • ISBN:75159-3
  • 発売日:2008.7.10
  • 電子書籍あり
カメラ・オブスクーラ

カメラ・オブスクーラ

  • ナボコフ/貝澤 哉 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75236-1
  • 発売日:2011.9.13
  • 電子書籍あり
絶望

絶望

  • ナボコフ/貝澤 哉 訳
  • 定価(本体1,040円+税)
  • ISBN:75279-8
  • 発売日:2013.10.8
  • 電子書籍あり
偉業

偉業

  • ナボコフ/貝澤 哉 訳
  • 定価(本体1,100円+税)
  • ISBN:75342-9
  • 発売日:2016.10.12

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト