紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#34 「若者に読み継がれる青春小説『デーミアン』の魅力」酒寄進一さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月26日(木)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#34 「若者に読み継がれる青春小説『デーミアン』の魅力」酒寄進一さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月26日(木)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#34 「若者に読み継がれる青春小説『デーミアン』の魅力」酒寄進一さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月26日(木)開催

img_sakayorishinichi01_kinokuniya.jpg

有名作家が別の筆名で発表した小説が大反響を呼び、あわや新人賞を獲りそうになる? これはまさにドイツの小説家ヘッセが、「エーミール・シンクレア」という若者になりすまして『デーミアン』を発表した後に起こった事件でした。この出来事は図らずもヘッセの卓抜した筆力を証明することになったわけですが、果たして、すでに名声を得ていたヘッセが、なぜ別人の名前で小説を書かなくてはならなかったのでしょうか。そんな『デーミアン』が出版直後から大ベストセラーとなり、いまだに世界中の若い読者を魅了してやまないのはなぜなのでしょうか。

今回の読書会では、『デーミアン』を新訳された酒寄進一さんに、本作の魅力、そしてヘッセ文学の楽しみ方を語って頂きます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #34
若者に読み継がれる青春小説『デーミアン』の魅力
酒寄進一さんを迎えて
《日時》2017年10月26日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》10月8日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には酒寄進一さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[酒寄進一(さかより・しんいち)さんプロフィール]
1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。和光大学教授。『犯罪』(シーラッハ)で2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位を受賞。主な訳書に『テロ』(シーラッハ)、『深い疵』(ノイハウス)、『刺青の殺人者』(グルーバー)、『ゲルマニア』(ギルバース)、『囀る魚』(セシェ)、『赤毛のゾラ』(ヘルト)、『春のめざめ』(ヴェデキント)など。
デーミアン

デーミアン

  • ヘッセ/酒寄進一 訳
  • 定価(本体720円+税)
  • ISBN:75355-9
  • 発売日:2017.6.13
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト