紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#35 「ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで」飯野友幸さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月29日(水)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#35 「ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで」飯野友幸さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月29日(水)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#35 「ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで」飯野友幸さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月29日(水)開催

img_iinotomoyuki01_kinokuniya.jpg

アメリカの文学史にひときわ輝く詩人ウォルト・ホイットマン。自身の感情を書き付け、民衆に訴えかけ、民衆と一体化しようとした代表作『草の葉』は、まさに「アメリカの魂」と言っても過言ではありません。それから100年以上が経ち、9.11同時多発テロを経て、「アメリカ・ファースト」を掲げたトランプ政権が誕生した現代、ホイットマンの詩からわれわれは何を汲み取り、何を学ぶべきなのでしょうか。

また、ホイットマン以降、アメリカの詩人たちはアメリカをどのようにとらえてきたのでしょうか。昨年のノーベル文学賞を受賞し、ある意味「現代のホイットマン」とも呼ばれるボブ・ディランに至るまで、アメリカ詩に通底する魂、その読みどころ、楽しみ方などを、『おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)』を新訳された飯野友幸さんにたっぷりと語っていただきます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #35
ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで
飯野友幸さんを迎えて
《日時》2017年11月29日(水)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》11月4日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には飯野友幸さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[飯野友幸(いいの・ともゆき)さんプロフィール]
1955年生まれ。上智大学文学部教授。アメリカ文学専攻。著書に『ジョン・アシュベリー―「可能性への賛歌」の詩』など。訳書に、『消失 ポール・オースター詩集』、『壁の文字 ポール・オースター全詩集』、『ジョン・アッシュベリー詩集』(共訳)、リロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』、F・O・マシーセン『アメリカン・ルネサンス エマソンとホイットマンの時代の芸術と表現』(共訳)、メルヴィル 『ビリー・バッド』、オブレヒト 『ロバート・ジョンソンより前にブルース・ギターを物にした9人のギタリスト』など。
おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

  • ホイットマン/飯野友幸 訳
  • 定価(本体438円+税)
  • ISBN:75131-9
  • 発売日:2007.6.12
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月 4日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト