紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#36 「『フランケンシュタイン』とイギリス文学の想像力──メアリー・シェリーからイシグロまで」小林章夫さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で12月18日(月)開催 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#36 「『フランケンシュタイン』とイギリス文学の想像力──メアリー・シェリーからイシグロまで」小林章夫さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で12月18日(月)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#36 「『フランケンシュタイン』とイギリス文学の想像力──メアリー・シェリーからイシグロまで」小林章夫さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で12月18日(月)開催

img_kobayashiakio01_kinokuniya.jpg

20歳の女性作家シェリーが1831年に発表した小説『フランケンシュタイン』。天才科学者と彼が作り出した人造人間の奇妙で哀切な物語は多くの人々の心をつかみ、何度も絵画化・映像化されてきました。また、シェリーが発した、科学の進歩の延長にある未来は果たして明るいものなのか、という問いは、その後現れた多くのディストピア小説やSF小説のテーマとして普遍的なものとなっており、その後のイギリス文学の想像力の源泉と言えるかもしれません。

今回の読書会では、『フランケンシュタイン』を新訳された英文学者の小林章夫さんをお迎えし、当時の社会について、また本作の魅力と楽しみ方、そしてそこから始まるイギリス文学の豊穣さについて縦横に語って頂きます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #36
『フランケンシュタイン』とイギリス文学の想像力──メアリー・シェリーからイシグロまで 小林章夫さんを迎えて
《日時》2017年12月18日(月)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》12月3日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には小林章夫さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[小林章夫(こばやし・あきお)さんプロフィール]
1949年東京生まれ。帝京大学教授、上智大学名誉教授。18世紀イギリス文学を中心に近代イギリスの文学・文化を多角的に研究する。'85年、ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞。著書に『コーヒー・ハウス』『イギリス名宰相物語』『エロティックな大英帝国』など。主な訳書に『フランケンシュタイン』(シェリー)、は『ご遺体』(イーヴリン・ウォー)、『ワイン物語』(ジョンソン)ほか。
フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

  • シェリー/小林章夫 訳
  • 定価(本体800円+税)
  • ISBN:752160
  • 発売日:2010.10.13
  • 電子書籍あり
ご遺体

ご遺体

  • イーヴリン・ウォー/小林章夫 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75266-8
  • 発売日:2013.3.12
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト