紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#43「サン゠テグジュペリ『戦う操縦士』から考える生と死」鈴木雅生さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で7月19日(木)開催 - 光文社古典新訳文庫

ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#43「サン゠テグジュペリ『戦う操縦士』から考える生と死」鈴木雅生さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で7月19日(木)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#43「サン゠テグジュペリ『戦う操縦士』から考える生と死」鈴木雅生さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で7月19日(木)開催

img_kinokuniya_suzukimasao.jpg

フランス軍がドイツ軍の電撃戦の前に敗走を重ねるなか、無益かつ危険きわまりない偵察飛行任務を命じられた「私」。路上に溢れる避難民を眼下に目撃し、容赦ない対空砲火に晒されるうち......

『ちいさな王子』『夜間飛行』で有名なサン゠テグジュペリが第二次世界大戦中の実体験を元に、困難な飛行任務をリアルかつ思索的に描き、独自の哲学へと発展させた傑作、それが『戦う操縦士』です。発売されるや、ヒトラーの『我が闘争』に対する民主主義からの返答と評されてベストセラーとなった本書ですが、そこに描かれた戦う者の思い、人間の存在と死の意味への問いかけは、いまでも、そしていまだからこそ、本書を読む者の胸に響きます。

その後、ふたたび敢然と飛行機に乗り込んで参戦し、戦死を遂げたと見られるサン゠テグジュペリ。彼の生き方と、彼の物語は、私たちに何を伝えているのでしょうか。今回の読書会では『戦う操縦士』の翻訳者でフランス文学者の鈴木雅生さんをお招きし、本書の魅力についてたっぷり語って頂きます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #43
サン゠テグジュペリ『戦う操縦士』から考える生と死 鈴木雅生さんを迎えて
《日時》2018年7月19日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
《定員》50名
《参加費》無料
《参加方法》7月6日(金)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には鈴木雅生さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[鈴木雅生(すずき・まさお)さんプロフィール]
1971年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学、パリ第四大学博士。学習院大学文学部教授。共著書に『フランス文化事典』、『フランス文化読本』。訳書に『ポールとヴィルジニー』(ベルナルダン・ド・サン゠ピエール)、『地上の見知らぬ少年』(ル・クレジオ、第16回日仏翻訳文学賞)、『きびしい冬』(クノー)など。
戦う操縦士

戦う操縦士

  • サン=テグジュペリ/鈴木雅生 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75372-6
  • 発売日:2018.3.9
  • 電子書籍あり
ポールとヴィルジニー

ポールとヴィルジニー

  • ベルナルダン・ド・サン=ピエール/鈴木雅生 訳
  • 定価(本体900円+税)
  • ISBN:75294-1
  • 発売日:2014.7.10
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト