「字幕マジックの女たち 映像×多言語×翻訳」 Vol.1 吉川美奈子さん〈ドイツ語〉Episode3 - 光文社古典新訳文庫

ホーム > コラムアーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 「字幕マジックの女たち 映像×多言語×翻訳」 Vol.1 吉川美奈子さん〈ドイツ語〉Episode3

字幕マジックの女たち

「字幕マジックの女たち 映像×多言語×翻訳」 Vol.1 吉川美奈子さん〈ドイツ語〉Episode3

古典新訳文庫ブログのインタビュー<女性翻訳家の人生をたずねて>に、新しいシリーズが加わります。新シリーズでは、本という媒体ではなく、<映像>の世界で外国語を日本語に翻訳している女性たちにお話を聞いていきます。そもそも不可能か?とも言われる翻訳を、さらに短い文字制限で日本語にするというマジックへの挑戦者たち。しかも、英語以外の外国語を扱う翻訳者です。

字幕や映像翻訳という仕事の苦労と魅力、その言語との出会い、そして、子どもから大人に成長する過程でのアレコレ。"不実な美女たち"の「妹」シリーズとして、ご愛読くださいませ。

連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」はこちら

line01.png

第1回は、ドイツ語で字幕翻訳を手がけている、吉川美奈子さんにご登場いただきます。

(次回は 10月5日更新予定) 構成・文 大橋由香子

吉川美奈子さんの主な翻訳映画作品 img_yoshikawaminako01.jpg

「ドレスデン、運命の日」「アイガー北壁」「ソウル・キッチン」「PINA/ピナ・バウシュ 踊りつづけるいのち」「コッホ先生と僕らの革命」「ハンナ・アーレント」「帰ってきたヒトラー」「ハイジ アルプスの物語」「ありがとう、トニ・エルドマン」「50年後のボクたちは」「はじめてのおもてなし」「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」「女は二度決断する」「ゲッベルスと私」「ヒトラーを欺いた黄色い星」

Episode3 『哀愁のトロイメライ』に導かれたドイツ語字幕翻訳の世界

Episode1 図鑑と伝記少女が漫画にハマり、ドイツ好きに はこちら

Episode2 西ドイツで働き、東ドイツを旅する謎の日本女性 はこちら


1980年代半ばあたり、映画は映画館で観るものから、家にいながらビデオでも鑑賞できるようになっていく。ビデオ化に伴う字幕のチェックや、新たな字幕や吹き替え作成などの需要が生じてくる(やがてDVDになると特典映像も出てきた)。

Episode2で、吉川さんが「ひょっとしたら」と字幕翻訳を仕事にする可能性を感じた背景には、こうした翻訳業界自体の変化があった。

もう一つ、吉川さん自身の中でも、ドイツ映画に対する興味が深まっていた。 もともと映画は好きだったが、ドイツ在住中には頻繁に映画館に通った。

「当時、デュッセルドルフの近所の映画館で週1回『映画の日』があって、その日は6マルク(当時の価値で500円くらい)でした。安く映画も観られる上に、言葉の勉強にもなるという一石二鳥で、よく映画館に通いました」

テレビで放映される映画も見た。特に吉川さんが衝撃を受けたのは、ギュンター・グラスの原作を1979年に映画化した『ブリキの太鼓』と、1920年のサイレント映画『カリガリ博士』だった。

img_jimaku-yoshikawa03_01.jpg
『ブリキの太鼓』の撮影で使われた太鼓
(フランクフルトの映画博物館にて/撮影:吉川美奈子)
「かつて、真夜中にテレビ放映された同作を見て、なんとも言えない衝撃を受けただけに、本物の太鼓を見て「おおおお!」となりました」

このようにして、ドイツ滞在の頃からドイツ映画にハマっていった吉川さんにとって、『哀愁のトロイメライ』は「ドイツ映画を仕事にしたい!」と決意させる作品になったのだ。

そんな時、またもや運命の女神(?)あるいはキューピットが微笑む。

翻訳関係の雑誌で偶然、映像翻訳家が「ドイツ語翻訳者求む」と求人広告を出しているのを見つけたのだ。もちろん、即座に応募した。

「熱意が伝わって採用されたのかもしれません。そして、まず渡されたのが『哀愁のトロイメライ』のスクリプト(台本)の下訳だったんです。『え?』と驚いて、『これは運命だ! この仕事、絶対に離さない!』と思いました」


『哀愁のトロイメライ』映画製作は1983年、日本では1985年に劇場公開され、吉川さんが留学生から劇場用映画のビデオを借りて観たのは1990年代前半だった。ところが、1998年、某テレビ局が放映することに伴い、新たに字幕翻訳が必要になった。その際、英語版スクリプトがなかったため、ドイツ語スクリプトから翻訳する仕事が発生したというわけだ。

吉川さんがドイツ語から日本語にしたスクリプトを参考にしながら、先生が、長さ(尺)に合わせてセリフにしていく。

字幕翻訳には、1秒につき日本語で4文字、字幕1枚につき最大で13文字前後、2行までという制限がある。視聴者が映像を見ながら読める文字数には限界があるためだ。

「映像の翻訳は初めてだったので難しかったのはもちろんですが、スクリプトを訳しながら、『こんな幸せな世界があるんだ!』と感動しました。
『哀愁のトロイメライ』の後も、週に1、2回、幼稚園の延長保育を頼んで子どもを送り出すと、先生の自宅兼仕事場に行き、翻訳のお手伝い以外にも買い物などの雑務、映画配給会社とのやりとりなど、弟子のように働きました。
 帰宅後は、持ち帰った先生の手書きの字幕原稿を、ワープロで入力します。清書しながら、字幕翻訳のノウハウを学んでいきました。教わったというより、覚えていったという感じ。まさに門前の小僧ですね」

小さい子ふたりの育児だけでも大変だろうに、その上、実務翻訳に加えて字幕の見習い仕事もするとなれば、さぞかしストレスフルな日々だったのではないだろうか。

「こう言うと身勝手に聞こえるかもしれませんが、自分が仕事で充実感を味わうことによって、育児でも心のゆとりが持てるようになったと思います。時間の余裕はなくなるのに、心の余裕が生まれるという不思議な状態でした。ただし締め切り前夜は「よゆう」の3文字はどこかへ吹っ飛びますが。え? 家事ですか? そ、それは......もちろん手抜きです(汗)。生協には足を向けて寝られません」

img_jimaku-yoshikawa03_02.jpg
ベルリン映画祭のシンボル、クマ。(撮影:吉川美奈子)
「憧れのベルリン映画祭、初めて行ったときは感激しました。しかしその感激もつかの間で、チケット売り場には長蛇の列。現実は甘くありませんでした」

テレビドラマの仕事で実務翻訳を諦め、字幕翻訳に絞る

約2年の「丁稚奉公」を経て、ひとり立ちした吉川さんは、とある映画祭で上映される作品の字幕を頼まれた。オランダ在住中国人が登場するオランダ映画で、原語は中国語、その英語版からの翻訳だった。ドイツ語ではなかったが、クレジットに自分の名前がでたことは、とても嬉しかった。

そして、知り合った字幕翻訳の制作会社から、テレビドラマの仕事依頼がくる。

それは、ドイツの高速道路・アウトバーンで活躍する高速警察隊を描いた刑事ものだった。VHS(ビデオテープ)販売用の字幕翻訳を、1年間で2シーズン分、ひとりで訳した。

ドラマの翻訳は、劇場映画以上に納期が短く、次々に仕事が来るのが特徴なので、ガス関係の実務翻訳との両立は困難だと判断。映像翻訳に絞ることを決意した。2000年のことだった。

「後から振り返ると、早い時期にまとまった映像の仕事をいただけたのは、本当に運が良かったと思います」

制作担当者から修正が入り、やり取りを通して、字幕翻訳の技術をさらに学んでいった

「制作担当の方々からは、本当にたくさんのことを教わりました。『次回からは、もう結構です』とクビを言い渡されるのではないかと、毎回ビクビクしながら納品していました」

映画の場合、字幕の長さは制作会社が事前に測ってくれることもある。しかし、吉川さんが初めて担当したドラマでは、映像を見ながら、自分で測ってから訳す方式だった。

「はじめはセリフの長さを測り間違えたり、ストップウオッチが壊れちゃったりで大変でしたが、だんだん慣れて、勘も働くようになりました」

近年は、コンピュータがセリフの長さを自動的に計測して字幕も入力できるSSTというツールができたため、ストップウォッチの出番は、ほとんどなくなった。

ちなみに、昔の字幕の文字は独特の書き文字だった。それを書くタイトルライターという仕事も、今はなくなってしまった。

「でもこの前、SSTの調子が悪くなった時に、久々にストップウォッチを使いました。昔とった杵柄で、なまっていませんでしたよ。セリフの長さの感覚が身についたという面でも、あの作業は無駄ではなかったと思います」

一度経験したことは、目に見えて役には立たなくても、どこかで、何かに、つながっていく。

弟子入りした先生の求人を見つけたのも、通信教育を受講した学校で添削の仕事を引き受けたおかげで、毎月入手できた雑誌でのことだった。

縁やタイミングの大切さを、吉川さんは痛感している。

映画に映し出されたドイツ社会の魅力を伝えたい

ドイツ映画の字幕翻訳の仕事が、少しずつ増えていった。

さまざまなジャンル、内容のものを扱ってきたが、『帰ってきたヒトラー』『ヒトラーの忘れもの』『ヒトラー暗殺、13分の誤算』『あの日のように抱きしめて』『ブルーム・オブ・イエスタディ』『ゲッベルスと私』『ヒトラーを欺いた黄色い星』など、ナチ・ドイツ(Nazi-deutschland)に関する多様な作品を手がけている。

一方、韓国映画とまちがわれそうな『ソウル・キッチン』は、ハンブルグのレストランを舞台にドイツの若者たちを描き、『ぼくらの家路』は大都市ベルリンで、シングルマザーに置き去りにされた兄弟が母を探すという話。どちらも多民族が生活する街の雰囲気が映像に漂っている。

ドイツが直面する移民や難民の受け入れ問題を扱った、今年公開の『はじめてのおもてなし』『女は二度決断する』も吉川さんの字幕だ。

 

東西ドイツの統一前、東独の女性医師が、西ドイツへの亡命を申請したがために当局から理不尽な仕打ちを受ける『東ベルリンから来た女』も印象深い。

その東ドイツのペンパルだった友だちとは、今もやり取りしている。

統一後、東ドイツのシュタージ(秘密警察)の書類が公開された。それを見ると、危険人物として近隣の人が密告した内容がわかり、人々の間にさまざまな亀裂を生んだ。

ペンパルの彼女も、自分に関するファイルの情報開示をしたところ、吉川さんのことも出ていたそうだ。

「大した内容でもなかったのですが、かなり間違いがあって、大学で経済学を学び金融機関で重要ポストについているキャリアウーマンみたいな、盛られた内容でした。それでも、ペンパルの友だちである私のことを、周囲の誰かが点数稼ぎのために密告していたかと思うと、怖いものを感じます」

img_jimaku-yoshikawa03_03.jpg
旧東ドイツの監視社会を生きる人々を描いた映画『善き人のためのソナタ』ラストシー ンに出てくる東ベルリンの書店。(撮影:吉川美奈子)
「『善き人のためのソナタ』は私の翻訳ではなく、ベテランの翻訳家の方がなさっていて『私もこんなにすばらしい翻訳ができたらいいなぁ』と思いながら観た、大好きな作品です。そのロケに使われた書店を見て、これまた感激いたしました」

思い出深いドイツへの旅は、子どもたちが成長してから再開できた。

「ナチ時代のドイツや東西ドイツの分断を正しく理解するためにも、実際に現地で資料に当たり、その場に立ってみたいという思いがどんどん強くなっていきました。子どもが小さい時は無理でしたが、下の子が大学に入ったころから、再びドイツへ行けるようになりました。年に2回で、毎回せいぜい1週間しかいられないので、朝から晩まで分刻みのハードスケジュールで(笑)あちこちを精力的に回っています。
 何かに憑かれたようにドイツへ行きまくる私を応援して支えてくれる娘、不出来な母親を見守ってくれる息子、そして困惑しつつも我慢してくれる(苦笑)夫には、心から感謝しています」

これまでに字幕を担当した作品の中から、オススメ映画を選んでいただいた。

img_jimaku-yoshikawa03_06.jpg「若い人に見てほしいのは、現代への警鐘という意味で、『ハンナ・アーレント』と『帰ってきたヒトラー』ですね。
『ハンナ・アーレント』は、特に内容が難解です。配給会社の人もとても丁寧に見てくれて、共同作業のような形になりました。この作品に限らず、配給会社や制作会社の方々には、いつもいろいろ教えていただいています。今日にいたるまで、感謝の気持ちを忘れたことはありません」

『帰ってきたヒトラー』は、ヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と勘違いされテレビで大スターになるという小説。原書はドイツで2012年刊行、ベストセラーになり、2014年には日本語版が出た(ティムール・ヴェルメシュ著、森内薫訳、河出書房新社)。

吉川さんは、原書が出た時から、映画化されないかなと念じていたという。

映画『ハンナ・アーレント』公式サイト
映画『帰ってきたヒトラー』公式サイト

「他の作品もそうですが、自分から売り込むことはできないので、映画化されたと聞くと『やりたい、やりたい、こいこいこい......』と念を送ります。
 ハードルが2つあって、まずは映画化されたものを日本の配給会社が買ってくれるか、そして、字幕翻訳に私を指定してくれるか、です。
 原作の本がある場合、日本語版を読むと影響されてしまうので、原書だけ読んで、字幕翻訳をした後に日本語訳を読むようにしています」

映画字幕の納期は10日間くらいと、驚くほど短い。その間に、調べものもしなければいけない。

ここで「調べ物をしないと生きていけない」という吉川さんの「検索病」が威力を発揮する。

「自分の中で、図鑑好きだった子ども時代と、今の仕事とがつながりました」

こうしてキャリアを積んできた吉川さんだが、小さい頃から映画館に入りびたりとか、食費を削って映画を観ていたという翻訳者の話を聞くと、自分に字幕翻訳をする資格があるのかと自問することもあるそうだ。

img_jimaku-yoshikawa03_05.jpg
吉川さんにとって運命の漫画『オルフェウスの窓』の舞台となったレーゲンスブルクで撮った画像。(撮影:吉川美奈子)
「イザークが『皇帝』を演奏した場所を見つけて感激。意外と小さいことにもビックリ」

「それでも、ドイツ社会を映す鏡であるドイツ映画が大好きなので、これからも仕事をいただけるように精進したいと思っています。
 ドイツ映画を観て幸せな気分になれるのは、監督というフィルターを通して切り取られたドイツ社会が好きだから。ドイツ語がわからないお客様にも、固いドイツ語の音を感じてほしいと願っています。ですから、ナチスの将校が英語をしゃべっているような映画は、正直に言うと、許せません(笑)。もちろん色々な事情があることは分かっていますが、英語版だけになってしまうのはドイツ語フェチの私にとっては寂しいです」

これからも、観客が楽しめるように「邪魔をしない字幕」を作るのが目標だと話してくれた。

次は、どんな映画で「字幕 吉川美奈子」というクレジットに出会えるか、楽しみだ。

(次回は番外編をお送りします)

私の宝物

〈4〉「袖珍辞書」

ネットオークションで見つけた明治9年初版の三省堂の辞書。袖珍とは、ポケットのこと。冒頭に書かれた編者の言葉(下記)は、当時の辞書作りの苦労だが、翻訳にも通じると感じる。吉川さんの座右の銘だ。

「辞書の要訣は簡潔明確にあり、されども簡なれば すなわち明ならず、明なれば則ち簡ならず、世間辞書の類多しと いえども、 く簡にして明なるは まれなり、殊に獨逸語の辞書にして簡明ならんを望むは や難事なりとす、是れ獨逸語の性質たる、語に語を つらぬれば則ち新たに語を成し其数殆んど無蓋なればなり、今若し其語数を淘汰し其骨子のみを ひろはんとせば簡に失するの恐あるべく其訳字を減じ其解釈を省略せんとせば明を欠くの憂あるべし・・・(中略)・・・恐らくは遺脱 誤謬ごびゅう多からん、是等は他日 再鐫さいせんを待ち訂正 增補ぞうほする所あらんとす、唯だ之に りて多少初學者に 裨益ひえきする所あれば幸甚なり。」 img_jimaku-yoshikawa03_04.jpg

朝日カルチャーセンター新宿教室で、吉川美奈子さんの講座が開催されます。
「映画で知る東西ドイツ ベルリンの壁崩壊30年」
日時:10月6日(土)10:30〜
詳細は朝日カルチャーセンター新宿教室ウェブサイトをご覧下さい。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月12日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト