紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#46「なぜ『ロビンソン・クルーソー』は今もこんなに面白いのか」唐戸信嘉さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月22日(月)開催 - 光文社古典新訳文庫

ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#46「なぜ『ロビンソン・クルーソー』は今もこんなに面白いのか」唐戸信嘉さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月22日(月)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#46「なぜ『ロビンソン・クルーソー』は今もこんなに面白いのか」唐戸信嘉さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月22日(月)開催

img_karato-nobuyoshi_kinokuniya01.jpg

『ロビンソン・クルーソー』といえば、28年も無人島で生き抜いた人の物語として有名ですが、その魅力は刊行から約300年経っても色あせないばかりか、この現代に読むと新たな感銘や発見すらあります。

それはロビンソン・クルーソーが実に「近代的な」人間であること、そしてこの作品が英国初の「ノベル」と呼ばれることと関連があるかもしれません。この小説・作家・登場人物は、他の作品と何が違っているのでしょうか。また、端的にいって、この作品がいま読んでも面白いのはなぜなのでしょうか。

今回の読書会では、新訳『ロビンソン・クルーソー』の翻訳者で気鋭の英文学者である唐戸信嘉さんをお招きし、作家デフォーの生涯や、本作が生まれた背景について解説していただきつつ、本書の読みどころ、翻訳にまつわるエピソード、そして本作が世界中の読者を魅了してやまない理由について、たっぷりと語ってもらいます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #46
なぜ『ロビンソン・クルーソー』は今もこんなに面白いのか 唐戸信嘉さんを迎えて
《日時》2018年10月22日(月)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
《定員》50名
《参加費》無料
《参加方法》9月29日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には唐戸信嘉さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[唐戸信嘉(からと・のぶよし)さんプロフィール]
1980年生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。茨城キリスト教大学助教。イギリス文学専攻。共著書に『鳥と人間をめぐる思考』など。
ロビンソン・クルーソー

ロビンソン・クルーソー

  • デフォー/唐戸信嘉 訳
  • 定価(本体1,240円+税)
  • ISBN:75382-5
  • 発売日:2018.8.8
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月 2日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト