紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#51「アニメとまるで違う! 原作『ピノッキオの冒険』の魅力」大岡玲さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年3月29日(金)開催 - 光文社古典新訳文庫

ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#51「アニメとまるで違う! 原作『ピノッキオの冒険』の魅力」大岡玲さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年3月29日(金)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#51「アニメとまるで違う! 原作『ピノッキオの冒険』の魅力」大岡玲さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年3月29日(金)開催

img_ooka-akira_kinokuniya01.jpg

現代のわたしたちにとって「ピノキオ」といえば、ディズニーアニメのキャラクターとしてのイメージが強いかもしれません。有名な「星に願いを」のメロディ、無邪気なキャラクターたち......。

しかしその原作、イタリアで1883年に刊行された『ピノッキオの冒険』は、アニメ版とは趣がずいぶん違います。棒っきれから作られたピノッキオは、誘惑に屈してばかり。騒動に次ぐ騒動を巻き起こし、ジェペットさんをはじめ周囲の大人たちを裏切り続けます。作家カルロ・コッローディは、子ども向けの本のなかで、社会の残酷さ、貧困、不正義と不条理をも容赦なく描いているのです。この『ピノッキオの冒険』は子どもたちに大人気となり、イタリアの国民的童話となったのみならず(真偽はともかく「イタリアではどんな家庭にも聖書と『ピノッキオの冒険』はある」といわれるほど)、世界中で260以上の言語に訳され、100年以上も読まれ続けているのです。

今回の読書会では、本書を新訳された大岡玲先生をお招きし、作品が書かれた背景や作家のことについて解説していただき、この「悪たれ小僧」ピノッキオの魅力について、たっぷりと語っていただきます

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #51
アニメとまるで違う! 原作『ピノッキオの冒険』の魅力 大岡玲さんを迎えて
《日時》2019年3月29日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
《定員》50名
《参加費》無料
《参加方法》3月9日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします(為書きは入れられませんのでご容赦ください)。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[大岡玲(おおおか・あきら)さんプロフィール]
1958年、東京生まれ。小説家。東京外国語大学イタリア語科卒、同大学院修了。1989年『黄昏のストーム・シーディング』で三島賞、1990年『表層生活』で芥川賞受賞。著書はほかに『ヒ・ノ・マ・ル』『森の人』『ブラック・マジック』『本に訊け!』『男の読書術』『たすけて、おとうさん』『不屈に生きるための名作文学講義 本と深い仲になってみよう』など多数。訳書に『アモンティラードの樽その他』(ポー)、『月と六ペンス』(モーム)、『王子シッダールタ』(ケンディ)全3巻などがある。
ピノッキオの冒険

ピノッキオの冒険

  • カルロ・コッローディ/大岡玲 訳
  • 定価(本体840円+税)
  • ISBN:75343-6
  • 発売日:2016.11.9
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト